Loading...

ハチミツが生理痛や頭痛に効きまくる!しかも鎮痛剤と同じレベルで!という話

Honeybee

 

 ハチミツの痛み止め効果が凄い?

こないだハチミツは抗酸化作用が凄いよーって話を書いたら、新たに「ハチミツで痛みがやわらぐ!しかも鎮痛剤と同じレベルで!」って論文(1)が出てておもしろかったです。

 

 

これはイラン・アラーク大学の研究で、激しい生理痛に悩む46人の女性を対象にしたもの。 まずは全員を2つのグループにわけたんですね。

 

  1. 大さじ1杯のハチミツを毎日飲む
  2. 500mgメフェナム酸を毎日飲む

 

メフェナム酸はNSAIDs(非ステロイド系抗炎症薬)の一種で、生理痛のほかにも、頭痛や歯痛などにも処方される定番のおクスリ。なかなかの鎮痛作用を持っていて、解熱や抗炎症にも使われてたりします。



ハチミツと鎮痛剤の効果が同じレベルだった

実験期間は2カ月で、どちらのグループとも生理痛の時期にあわせて飲んでもらった模様。そのうえで、みんなに自分の痛みを採点してもらったところ、

 

  • ハチミツと鎮痛剤の効果は同じぐらい!

 

って結果だったんですな。うーん、すごいもんですな。

 

 

ハチミツは鎮痛剤と同じメカニズムで痛みに作用する

なぜハチミツが痛みに効くかと言うと、プロスタグランジン(PG)っていう痛みの原因になる物質の生成を減らす働きがあるから。PGは体内の炎症によって作られる物質で、痛みを増加させたり、発熱を起こさせる働きを持っております。

 

 

これが生理痛が起きる大きな原因にもなっていて、メフェナム酸が効くのもPGに働きかけるから。つまり、ハチミツは鎮痛剤とまったく同じ作用を持ってるわけですな。そりゃあ痛みにも効くはずです。

 

 

2週間前から飲んでおくと痛みの予防になる

研究者いわく、

 

生理が始まる2週間前にハチミツを飲んでおけば、痛みを引き起こす物質の蓄積を予防することができる。その結果、生理が始まったあとも、必要以上に痛みが増さずにすむだろう。

 

とのこと。あらかじめハチミツを飲んでおくことで痛みの予防になるんだ、と。

 

 

もちろん、まだサンプル数が少ないので「ハチミツで痛みが減る!」とは言いづらいものの、あまりに生理痛がキツい人には試す価値がある話かと思われます。なんせ一般的な鎮痛剤は副作用が大きくて、胃腸や腎臓へのダメージがありますからねぇ。それに比べれば、副作用がゼロに近いハチミツは素晴らしい代用品ではないかと。

 

 

1日大さじ一杯から試すのがよさげ

また、PGは体内の炎症に応じて出る物質なので、おそらくは生理痛のほかにも効くはず。実際、メフェナム酸は頭痛や歯痛をやわらげる働きもありますんで、炎症から来る謎の痛みにお悩みの方は、やはり1日大さじ一杯から試してみればよいかと思います。

 

 

炎症に効きやすいハチミツの選び方は前に書いたので、そちらを参照ください。また、iHerbとかで買う場合は、生理活性物質の効果を確認している「マヌカドクター」などが定番でよろしいです。参考あれ。

 

 

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。