Loading...

朝食に食べるのは「ホエイプロテインが最強」なんじゃないか説

Whey

 

  朝ごはんはホエイプロテインが最強?

食欲をコントロールしたいならタンパク質だ!って話をよく書いております当ブログ。特にここ数年は、タンパク質の量を増やすほど自然に摂取カロリーが減るよーってデータが多いんですよね。

 

 

そんな状況下、今度は「朝メシはホエイプロテインが最強では?」と思わせる論文(1)が出てきましたんで、ご紹介しておきます。

 

 

これはテルアビブ大学の実験で、肥満&糖尿ぎみの男女48人を対象にしたもの。BMIの平均は32なんで、ちょっと危険レベルな人を集めたみたいですね。

 



 

いろんなタイプのタンパク源で効果をくらべた

で、実験では参加者を3グループにわけてます。

 

 

  • ミックスプロテイングループ:脂肪25%、糖質50%、タンパク質25%(42g)の割合の朝食を食べる。タンパク源は、タマゴ、ツナ、大豆の3種類

 

  • 炭水化物グループ:脂肪25%、糖質64%、タンパク質11%(17g)の割合の朝食を食べる。タンパク源はソイプロテインを使用

 

ホエイプロテイン VS. 普通のタンパク源で効果をくらべたところがおもしろいですねー。ありそうでなかったタイプの実験かと思われます。

 

 

また、全員の1日のカロリーは同じになるように調整されていて、

 

  • 朝=660kcal
  • 昼=560kcal
  • 夜=280kcal

 

ぐらいのボリュームにそろえたそうな。BMI32の人にはツラめのカロリー設定ですね。

 

 

ホエイプロテインの体重の減り方がすごい

さて、実験期間は12週間で、結果はこんな感じになってます。

Wbdiet

いやー、凄い。ホエイプロテインが勝ちまくってますね。BMIが炭水化物グループにダブルスコアをつけたほか、糖尿病(HbA1c)の改善ぶりでも圧倒的であります。

 

 

ちなみに、具体的な体重の変化でいうと、

 

  • ホエイプロテイングループ=7.6±0.3 kg減
  • ミックスプロテイングループ=6.1±0.3 kg減
  • 炭水化物グループ=3.5±0.3 kg減

 

ってことで、こちらも明確な差が出てますね。摂取したプロテインの量はおなじなのに、なんとも不思議な話ですな。

 

 

ホエイプロテインは食欲アップホルモンを減らす 

研究者いわく、

 

ホエイプロテインには、他のグループとくらべて明確な体重減少がみられた。ホエイプロテインは、糖尿病をコントロールするうえで重要なサポーターになり得る。

 

とのこと。ここまでの効果が出た理由は不明ですが、なんでもホエイプロテインを飲んだ参加者はグレリン(食欲をアップさせるホルモン)の分泌量が減ってたとか。ホエイプロテインのほうが、食後の満足度が高いってことですかねぇ。

 

 

もちろん、この実験では健康体の参加者がいないのが難点ではありますが、健康体の女性を対象にした2014年の実験でも「朝のタンパク質で食欲が減った!」って報告が出てますし、十分にありえる話ではないかと。気になる方は、安いホエイプロテインコンセントレートで試してみると吉。

 

 

個人的には朝食を食べない暮らしが習慣になったので、朝のホエイプロテインは実践しませんが、昼の軽食を高タンパクにしてみるってのはありかも。やってみるかなぁ。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。