Loading...

運動のパフォーマンスを上げたきゃビタミンDだ!というメタ分析

VitaminD2

ビタミンDで運動の能力が上がる? 

当ブログでは、何度となくビタミンD を推してきたわけです。ビタミンDは体内で数百の働きをしてくれる大事な栄養素で、とにかく不足するとヒドい災害が起きるんですな。

 

 

で、そこで昔から言われるのが「ビタミンDで運動のパフォーマンスが上がるんじゃない?」みたいな話。なんせビタミンDってのは、筋肉細胞の成長に影響したり、カルシウムやリンを筋細胞に送り込んだり、筋肉を発達させる遺伝子を推進したりと、とにかく運動能力にいろいろ関わってるんですよ。

 

 

そこで、実際に「アスリートがビタミンDを飲んだらどうなる?」ってとこをガッツリ調べた論文(1)が出まして、非常によい感じです。

 



 

ビタミンDと運動のメタ分析が出た

これはマクマスター大学の研究で、過去13件の実験から531人のアスリートのデータをまとめたメタ分析になっております。アスリートの種類はサッカープレイヤー、ジョッキー、NASCARのピットクルーなど様々で、実験の時点では、およそ全体の73%がビタミンD不足(30 ng/mL以下)だったそうな。アスリートでも意外とビタミンDは管理できてないもんなんですねぇ。

 

 

では、以下にざっくりした結論です。

 

  • 1日2,000IUのビタミンDでは、体内の不足分を補うことはできない(特に冬場の場合)

 

  • 1日のビタミンD摂取が3,000IUを超えたあたりから血中レベルは15 ng/mLになり、5,000IUになると28 ng/mLまで達する

 

  • ビタミンDの不足がサプリで補われた場合は……
    • 握力が2.56kg向上!
    • ジャンプ力もやや上昇!
    • ベンチプレスの最大筋力は2kg向上!
    • 走力、レッグプレス、水泳のタイムなどには影響が見られなかった

 

って感じでして、やはりビタミンDの補充は運動のパフォーマンスを上げる働きがあるっぽい。大まかな目安でいうと、1日3,000IU以上のビタミンDを12週間ほど続けると良い結果が得られるみたいですな。

 

 

ところで、「なんで握力に注目してるの?」と思った方もいらっしゃるかもですが、これは「握力は他の筋肉と相関してるから」です。つまり、握力が強い人は全身の筋肉量も多い傾向が高いんで、お手軽な指標として使いやすいんですよ。「ヒトの死亡率は握手の力強さにあらわれる」 なんてデータもありますしね。

 

 

ちなみに、このメタ分析にふくまれるデータのひとつでは、「ビタミンDが足りない人ほど運動のケガも多い(全体の77%)」って傾向も出てるんですが、こちらはまだどれだけ信頼していいかは不明。ビタミンDでパフォーマンスが上がるなら、ケガが減ってもおかしくないような気もしますが、くわしくはまだ謎っすね。

 

 

まとめ

ってことで、全体的に見れば「運動のパフォーマンスを上げたきゃビタミンDを補充だ!」と言ってよさそう。個々の実験もデザインが良くてよろしいのではないでしょうか。

 

 

もちろん、これはアスリートが対象の実験なので、一般人にどこまで適用できるかは不明ではあります。が、「ビタミンDをぜひとも飲むべき理由」でも書いたとおり、近年では昔よりもビタミンDの推奨摂取量が増えてるんで、まぁ1日3,000IUぐらい飲んでもよいのではないかと。特に私のような引きこもりの方には、ぜひとも適量をキープしていただきたく存じます。

 

 

あとビタミンDのサプリですが、これは定評があるNOW社の「ビタミンD3 1000IU」などを買って、自分の好みの量で飲んでいただければOKであります。どうぞよしなに。

 

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。