Loading...

根拠のない不安に苦しまないためのサプリメントガイドライン


心配事があって不安を感じるのは当たり前ですが、根拠がない不安に悩まされるときは、アミノ酸やビタミンが不足している可能性があるそうな。


というわけで、先日の「感情の安定に必要なサプリメントのガイドライン」に続いて、「根拠のない不安に苦しまないためのサプリメントガイドライン」をまとめておきます。わけのわからない不安に悩んでいる人は、お試しあれ。


トリプトファン
幸福物質であるセロトニンの原料になる。不足すると不安障害やパニック障害の原因になる。1回150ミリグラムを毎食後1日3回摂る。

ギャバ
脳の興奮を抑える伝達物質。1回60ミリグラムを1日3回摂る。

カルシウム/マグネシウム
カルシウムは脳の興奮を鎮め、マグネシウムは不安をやわらげる。200ミリグラムのカルシウムと100ミリグラムのマグネシウムを1日1回ずつ摂る。

ビタミンB群
不足するとイライラの原因になる。1回25ミリグラムを1日2回摂る。

ナイアシンアミド
神経系の働きを促進する。1回200ミリグラムを1日2回摂る。

イノシトール
幸福物質セロトニンの作用を高める。1回4グラムを1日2回摂る。

ビタミンC
抗ストレスの効果がある。1回200ミリグラムを1日2回摂る。

グリシン
脳や脊髄の興奮を鎮める。1回200ミリグラムを1日2回摂る。

グリシンについては、以前に「睡眠の質を改善する効果」について書いたことがありましたが、神経の興奮を鎮める作用が熟睡に結びつくわけですね。

睡眠改善サプリ「グリシン」で本当に睡眠の質が良くなった件 | パレオな男




タウリン
神経の興奮の強さを抑える。1回200ミリグラムを1日2回摂る。


そんなわけで、根拠のない不安に苦しまないためのサプリメント8種類。ギャバやグリシン、タウリン、ナイアシンアミドあたりはマルチビタミンサプリなどに入ってないことが多いので、個別に摂取していく必要がありそうですな。



credit: Victoria Jane via FindCC
スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。