Loading...

結局、年収はいくらまでアップすれば幸せなのか問題


最近カーネマンの「ファスト&スロー」を読み返していて思い出したのが、「人間の幸福は年収650万円でストップする!」という有名な研究。

 

参考:稼げば稼ぐほどハッピーになれるのは年収650万円まで、それ以上だと幸福感は収入に比例しない - GIGAZIN

 



これは、プリンストン大学が2010年に行った調査で、年収が7万5000ドルになるまでは幸福感が上がり続けるのに、そこを超えるといくら稼いでもハッピーにはならないというもの。年収7万5000ドル以上の仕事はプレッシャーがキツくて労働時間も長いので、金持ちの喜びが減っちゃうらしい。


ただ、この結果から「日本では年収650万円が幸福感のリミット!」と言っちゃうのは違うような気が。

 

「貧困層」と呼ばれるのが世帯年収が中央値の半分未満、つまり年収2万6000ドル未満の層であることを考えると、年収7万5000ドルというのはその約3倍。生活に困ることなく比較的裕福な暮らしができる収入、例えば子どもを私立の学校に入れることができたり、ローンを組んで住宅を購入することができる収入、といったイメージでしょうか。日本では2008年の世帯所得の平均は556万2000円、全世帯の中央値は448万円となっているので、中央値との比から計算すると、アメリカでいう年収7万5000ドルというのは日本でいう年収646万円程度となりそうです。


この記事みたいに年収で比較しても、 アメリカと日本じゃ同じ100円でも買えるものが違うわけですからね。 私の感覚としても年収650万円が上限ってのはイマイチ納得しづらいですし。


そんなわけで、アメリカと日本の購買力を見るてみると、2010年ごろはアメリカが日本の約1.4ぐらいだったみたい。なので、646万円×1.4で日本じゃ年収910万円ぐらいが幸福感のリミットと考えたほうがいいんでしょうな。これなら感覚的にも納得できる数字であります。


まぁ、いろいろ言ってみたところで、わたしの年収はこのリミットに全く届いていないので、まだまだ金で幸福を買える余地が残っているってことですな(笑)。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。