Loading...

お風呂の中で歯をみがくと肌がきれいになる?


2014年3月8日放送の「世界一受けたい授業」で、「お風呂の中で????をすると肌がきれいになる」って話が出てまして。





なにかと思ったら、風呂の中で歯みがきをすればいいらしい。

実は、人間の唾液の中には「パロチン」と呼ばれる美肌ホルモンが含まれています。

 

赤ちゃんがヨダレを沢山垂らすのはパロチンの分泌が盛んだから。赤ちゃんの肌がキレイなのはそのためなのです。しかし、パロチンは歳を取るにつれて、減っていきます。では、どうすればいいか?

 

そこで、お風呂で体を温めて、リラックスした状態で歯を磨き、口の中を刺激すると、パロチンが出やすくなり、その結果、肌がキレイになるのです。

 



とのこと。実際、パロチンは“若返りホルモン”と呼ばれている重要な成分ですが、要はツバが出ればいいので、別にわざわざ風呂で歯をみがかなくても、ガムを噛むだけでもOKなのでは? と思ったりも。


個人的には、わたしも定期的に使っているパタカラがよいのではないかと思います。もともと顔のたるみを消すためのグッズですし、なにせ唾液が死ぬほどダラダラ出ますからね。気を抜いた状態でパタカラを使うと、机にヨダレがたれて困るレベル(笑)。


パタカラは高い!という方は、かの三浦雄一郎もやっている、舌を前に出してグルグル回すトレーニングをするのもアリ。顔の筋肉が鍛えられるし、ホルモンも分泌されるしで、いいことづくめであります。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。