Loading...

グルテンフリーダイエットには気分を良くする効果があるらしい


当ブログでは、以前に「『グルテンフリーダイエット』にダイエット効果はない」って話を書きましたが、今日はグルテンフリーダイエットにとって良い話を。最近の臨床研究によれば、グルテンがメンタルに悪影響をおよぼす可能性があるらしい。



おさらいすると、グルテンは小麦・ライ麦・大麦にふくまれる植物性タンパク質で、日本ではうどんや天ぷらの衣にも入っております。腸粘膜に穴をあける働きがありまして、アレルギーや老化の原因になるので、パレオダイエットでは完全にNGな成分であります。


で、今回の研究は22人の被験者に対して、3日間にわたってグルテンを摂取してもらったもの。その結果を引用しますと、


短期間のグルテン摂取でも、被験者の性格などとは関係なく、はっきりと鬱病の症状があらわれた。一方で、グルテン食に特有の胃腸の異常は確認されなかった。


とのこと。どうやら、特にグルテンアレルギー(セリアック病)じゃない人でも、グルテンで気分が落ち込んじゃうことがあるらしい。グルテンフリーダイエットは減量には意味がなくても、メンタル面ではおおいにご利益があるかもしれない、と。


近ごろは「腸は第二の脳」なんて言われますから、胃腸にダメージを与えるグルテンが、メンタルにも悪影響をおよぼすのは納得できるところ。胃腸が悪いのに粉ものが好きだという方は、いったんグルテンを抜くことを考えてもいいかも。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。