Loading...

コストと味のバランスが最強な八戸市の居酒屋「浜小家」で新鮮魚介を食べつくす


青森滞在の最終日は、八戸駅前の海鮮居酒屋「浜小家」さんへ。以前より地元の方からオススメされていたお店です。


お店は八戸駅前のロータリーを抜けたすぐ先。八戸小唄の弁当屋さんの近くです。店構えも店内も料金も、東京の安居酒屋と変わらない感じ。しかし、素材の新鮮さと味つけの上手さは格段に上なんですね。


今回いただいたのは、まずはタコの刺し身。プリプリ。


大好物のホヤの刺し身。このクオリティのホヤは、東京ではなかなかお目にかかれません。


そして、この店でもっとも驚いたカンパチの刺し身。生臭さゼロでネットリした食感がバツグンでありました。現時点では生涯ベストのカンパチ。


初めて食べたドンコのたたき。上にはキモが乗っかっております。


青森は馬刺しも有名なんですよね。噛みごたえがよく甘味もあって素晴らしい。


なぜかパイカという沖縄料理も置いてありました。軟骨がコリコリで好みの味。


サケのステーキ。これだけジューシーなサケは初めてでした。


ブイヤベースなんてメニューもあります。素材がいいので何でもハイクオリティなんですよね。


地味に驚いたのがカマンベールのフライ。トロトロなのに濃厚な味わいで、青森は乳製品も美味いことを初めて知りました。


シメにいただいたのが、近ごろ青森で流行のB級グルメ「バラ焼き」。薄切りの牛肉とタマネギの炒めもので、すき焼きのような味わいでした。いかにもビールとあいそう(いまは断酒中なので、お茶でガマンしましたが)。にしても、魚が美味い土地はいいですねぇ…。


居酒屋浜小家
住所:青森県八戸市一番町1丁目3−12




スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。