Loading...

低糖質な食事に慣れないうちは地中海食からスタートするのもいいかも

Healthmeter


糖質制限食で有名な江部康二さんのブログにて、当ブロブで2013年10月に紹介した「1日6,000キロカロリーを食べて太らなかった男の人体実験が凄すぎる」に対するコメントをいただいたようで、まことにありがたいことです。



で、ここで江部さんが取り上げてらっしゃる2008年の論文(1)が面白かったのでメモ。これは、正しいダイエットのためには、タンパク質・脂質・炭水化物の割合はどうすればいいの?について調べた実験で、肥満の成人を以下の3つのグループにわけたらしい。

 

  1. 低脂肪食:脂質を総カロリーの30%以下。飽和脂肪酸を10%以下にする。1日の摂取カロリーは男性1800kcal、女性1500kcal。
  2. 地中海食:脂質を総カロリーの35%(オリーブオイル30〜45g、20g以下のナッツ)。1日の摂取カロリーは男性1800kcal、女性1500kcal。
  3. 糖質制限食:最初の2カ月は1日の糖質を20g以下に。それから少しずつ1日120gまで増やしていく。カロリー制限はなし。


この食生活を2年ほど続けてもらったところ、

 

  • 体重
    • 低脂肪食:−3.4 kg
    • 地中海食:−4.0 kg
    • 低炭水化物食:−4.9 kg
  • BMI
    • 低脂肪食:−1.0±1.4
    • 地中海食:−1.5±2.2
    • 低炭水化物食:−1.5±2.1
  • 腹回り
    • 低脂肪食:2.8±4.3 cm
    • 地中海食:3.5±5.1 cm
    • 低炭水化物食:3.8±5.2 cm


って数字だったそうで、基本的には低脂肪食のボロ負けって感じですね。地中海食と糖質制限食は肝機能の改善も見られたそうで、お見事な結果であります。


ただし1つだけ気になるのが糖質制限食のギブアップ率の高さでしょうか。他の食事にくらべると、約2倍も途中で投げ出しちゃった人が出ております。わたしは元から肉好きだったので簡単に炭水化物をカットできましたが、ツラい人には心底ツラいんでしょうねぇ。


このギブアップ率の高さも考慮に入れると、低糖質に慣れないうちは地中海食からスタートするのもいいのかも。実際、2年後の結果を見ても、地中海食と糖質制限食にはさほどの差もないようですし。


もちろん、この論文だけで「糖質制限食最強!」って結論にはならないんですが、以前に紹介した「パレオダイエット vs 低脂肪食」の研究とあわせても、やっぱ低脂肪食がイマイチ分が悪い感じはいたしますねぇ。


credit: dno1967b via FindCC


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。