Loading...

プチ断食で腹が減ってしかたないときに使える裏ワザ

Hunger

 

当ブログでは、プチ断食メリットについて何度も書いてるわけですが、よく聞くのが「腹が減ってしかたない」ってお悩み。実際、わたしもリーゲインズを始めたときは、1週間ほど激しい空腹に悩まされたもんです。



 

 

空風にはココナッツオイルが効く!

そこでオススメしたいのが、プチ断食の空腹をまぎらわすためにココナッツオイルを飲むって方法であります。

 

 

断食中なのにカロリーが多い脂肪なんかとっていいの?って感じですが、ちゃんと理由がございます。そのために、まずは「プチ断食中にはサプリすら口にしちゃいけないのか?」でもご紹介した、プチ断食の目的と手段をおさらいしてみましょう。

 

  1. 一定の時間だけ炭水化物を制限することにより、全身を脂肪適応の状態に持っていき、ほっといても脂肪がガンガン燃える体に変える。
  2. 一定の時間だけタンパク質を制限することにより、細胞のオートファジー機能を活性化させる。これにより細胞内の大掃除が行われ、アンチエイジングや寿命が伸びる効果が得られる。


つまり、断食の目的は、おもに糖質とタンパク質のカットがメインで、カロリー制限は二の次なんですね(結果的に総摂取カロリーが減るってメリットはありますが)。なので、脂肪をとるぶんにはプチ断食のメリットも損なわれにくいわけであります。

 

 

ココナッツオイルなら脂肪燃焼のスピードも上がる!

とはいえ、当然ながら、どんな脂肪でもいいわけではありません。たとえば、魚油植物油オリーブオイルなどにふくまれる長鎖脂肪酸は、脂肪細胞にとりこまれやすいので、せっかくの断食の意味がなくなっちゃう。

 

 

ところが、ココナッツオイルに多くふくまれる短鎖脂肪酸は、ほとんどが肝臓で代謝されるもんで、体脂肪になりにくいんですね。その際に、肝臓がケトン体を作り出すので、脂肪適応のスピードもさらに高くなります。ありがたいですねぇ。

 

 

わたしの経験からすると、プチ断食中にココナッツオイルを小さじ1〜3杯ほど飲むだけでも、かなり空腹がまぎれるはず。その際に、以前にご紹介したケトスティックで調べて見たところ、ちゃんと体内のケトン体が増えておりました。うーん、すばらしい。

 

 

そんなわけで、あらためてココナッツオイルはオススメ。具体的な購入法については、以下にまとめてありますんで、ご参照くださいませ。

 

 

 

credit: Beto Vilaboim via FindCC


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。