Loading...

実はゴリマッチョの筋力は細マッチョの筋力より58%も低いという話

Fitness

 

ゴリマッチョより細マッチョのほうが実は筋力があるよ!」って実験(1)がおもしろいのでメモしときます。

 

 

これはマンチェスター・メトロポリタン大学の研究で、実験に参加したのは以下の3グループ。

 

  1. ゴリマッチョ:ボディビルダー系。強度が弱〜中レベルの筋トレを大量に行っている。
  2. 細マッチョ:アスリート系。強度の高い筋トレを少量だけ行い、有酸素運動を組み合わせている。
  3. 一般人:運動不足というわけではないが、普段から特に筋トレはしていないグループ。

 

全員の筋組織を採取して、生体外で筋繊維の引っ張る力をチェックしたんですね。当然ながら筋肉が生み出すパワーは筋繊維によって決まりますんで、これで各自の最大筋力が推定できるわけであります。

 



その結果わかったのは、

 

  • ゴリマッチョの筋繊維は太い:細マッチョより67%、一般人より88%ほど太かったらしい。これは当然ですな。
  • 細マッチョと一般人の筋繊維のサイズは同じ:ゴリマッチョと違って、アスリートの筋繊維は一般人と差がなかったらしい。これはちょっと意外。
  • 細マッチョ最大筋力はゴリマッチョより強い:細マッチョの最大筋力はゴリマッチョより58%も高かったらしい。いっぽうでゴリマッチョの最大筋力は一般人とほぼ同じぐらい。しかも、この結果は筋繊維の種類とは関係がなかったとか。うーん、これは意外。

 

といった感じ。これまで、アスリートは持久力に特化した筋繊維が主に発達し、逆にボディビルダーはパワー系の筋繊維が育つと言われてきたんですね。ところが今回の結果では、筋繊維の種類に関わらずアスリート系の筋肉のほうがパワーがあるって話でして、ちょっとビックリしました。

 

 

研究者いわく、

 

わたしたちの多くはボディビルダーの発達した筋肉に驚き、「超人ハルク」なみのパワーがあるのだろうと考えてしまう。確かに彼らの筋細胞は巨大だし、一般人にくらべて大きな力を生み出すことができる。

 

しかし、1グラムあたりの筋肉が生み出すパワーについては、驚いたことにボディビルダーは一般人と同じレベルなのだ。おそらく、ボディビルダーは「筋肉の質」が低いのだろう。

 

どうやら過度な筋肉の成長は、質的な面では悪影響が大きいようだ。肥大したマッチョよりも普通のマッチョのほうが筋力が強いケースは十分にあり得る。

 

とのこと。どうやら、ボディビルのように常に筋肉にストレスを与える行為は、筋繊維の力を弱めてしまうらしい。

 

 

個人的にはガチムチな体型は目指してないので、やっぱ週2ぐらいのHIT(高強度+短時間の筋トレ)で十分かなーと改めて思った次第です。残りの日はHIITウォーキングで埋めていく感じで。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。