Loading...

元気ホルモン「テストステロン」がアップするサプリを、効果が高い順に5つ選んでみた

Testosterone

 

これまでも「いろんなサプリのベスト5」を見てきましたが、今回はテストステロンが上がるサプリを選んでみることに。ご存じのとおり、テストステロンは男性ホルモンの一種で、筋肉量のアップから慢性疲労メンタルの調整など、いろんな役割を果たしております。

 

 

選んだサプリは以下の5つ。臨床試験の結果と自分の実体験をもとに、独断と偏見で順位をつけております。

 

 

1位 亜鉛

脳の機能やメンタルの安定に不可欠のミネラル。テストステロンの分泌に関しても、もっとも信頼できるデータがそろっております(1,2,3)。ただし、もともと亜鉛が足りない人でないとテストステロンのブースト効果は出ないのでご注意ください。日ごろの運動量が多いと亜鉛不足になりがちなんで、試してみたほうがいいかも。

 

 

用法としては、1日25〜30mgを飲めばOK。空きっ腹で摂ると吐き気が出たりしますんで、食事と一緒にお使いください。また、カルシウムやマグネシウム、鉄分といっしょに飲むと吸収率が落ちちゃうんで、こちらも注意。

 

 

2位 マグネシウム

不眠に効くサプリ」や「脳を幸せにしてくれる9つの栄養素」などにも選ばれたマグネシウムは、テストステロンの分泌にも重要な働きを持っております(4,5)。マグネシウム不足はテストステロンの量を下げるんで、絶対にサプリで補うべき。こちらも汗で失われやすい成分なんで、運動量が多い人は特に大事かと思われます。

 

 

用法としては、1日200〜400mgを飲めばOK。マグネシウムにはいろんな種類があるんですが、当ブログでは、体への吸収率が良いクエン酸マグネシウムをオススメしております。

 



 

 

 

3位 ビタミンD

神サプリ」の4位に選んだビタミンD。人体が正常に働くためには必須の栄養素で、テストステロンを増やす効果もあったりします。ある実験(6)では、1日3400IUのビタミンDを飲んだ男性は、1年でテストステロンのレベルが激しくあがったとか。日本人には不足しがちなビタミンですし、とりあえず飲んでおいて損はないかと。

 

 

用法としては、1日に2,000〜4,000IUを飲めばOK。脂肪分をふくむ食品といっしょにお飲みください。

 

 

4位 クレアチン 

 当ブログでも一押しサプリのひとつなのがクレアチン。3種類のアミノ酸で構成されたサプリで、アンチエイジングや脳力アップに効くとも言われております。テストステロンの上昇についても実験例が豊富(7,8,9)で、18〜35才の男性には平均で20〜25%のレベルアップが見られた模様。

 

 

用法としては、1日に5gを飲めばOK。筋肉量が多い人は10gでもメリットがあるかも。

 

 

5位 DHEA

 

 

 

 

 

 


DHEAは、テストステロンの原料になる「マザーホルモン」 。くわしくは以前に書いたとおりで、確かにテストステロンを上げる作用はあるものの、60代以降にならないと意味がないかなーという感じ。いちおう5位に入れておきましたけど、まずは上位4位を試すほうが先でしょうね。用法としては、1日に25〜50mgを飲めばOK。

 

 

まとめ

そんなわけで、テストステロンの量を上げるためのサプリ5選でした。テストステロンが低いと、いろいろと生活に支障が出てきますんで、心当たりのある方はお試しあれー。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。