Loading...

糖質制限ダイエットの否定派が考える「糖質制限ダイエットの一番のメリット」とは?

Carb 

糖質制限ダイエットに否定的な話をよく取り上げている当ブログ。

 

 

その意味では糖質制限ダイエット否定派なんですが、いっぽうではマイルドな糖質カットに関してはおすすめしてたりもします。パレオダイエットでは1日の炭水化物を22〜40%に設定してまして、現代の日本人の平均からすればそこそこの低糖質なんですよね。

 

 

その結果、「要するに糖質制限は良いのか悪いのかどっちなんだ?」といった質問をされるケースが増えてまいりました。この問題はなかなか説明が難しいので、わたしが思う糖質制限のメリットについてまとめておこうかと。

 

 

糖質制限に期待してはいけないこと

それではメリットについて考える前に、まず糖質制限ダイエットに期待しちゃいけないことを並べてみます。具体的には、

 

  • 糖質制限でアレルギーが治る!:一部にはアレルギーが治ったとの報告もありますが、いずれも個人の体験談どまりで明確なデータはありません。
  • 糖質制限で基礎代謝が上がる!:糖質制限をすると基礎代謝が上がって太りにくくなるとの説もありますが、こちらも根拠がありません。逆に炭水化物で基礎代謝が上がるというデータは数多く存在しています(1)。さらに、低糖質のストレスが基礎代謝が下がる可能性もあるのでご注意ください。

 

といったところ。なにごとも大げさな効果を期待しちゃいけませんね。さすがにパレオダイエットも「がんに効く!」とまでは言ってませんし(予防にはなりそうですが)。



糖質制限ダイエットの最強のメリットとは?

以上の話をふまえたうえで、わたしが考える糖質制限ダイエットの最強のメリットとは、ズバリ「めんどうな指示が少なくてすむ」というものです。というのも、「糖質を減らせ!」と言うだけでいろんな問題が解決できちゃうんですよね。

 

 

たとえば、

 

  • 食事の多様性が減る:1回の食事でバラエティに富んだ食事をすると、脳の食事報酬が暴走して食欲がアップしがち。しかし、糖質を減らすと自然に肉と野菜がメインのシンプルな食事になります。

 

といった感じ。いずれも肥満の大きな原因のひとつですね。糖質を減らすだけで、これだけの問題が自然と良い方向に向かうわけであります。これがパレオダイエットの場合だと、原始人や狩猟採集民の説明をしたり、食べてもいいタンパク質脂肪をチェックしたりと、いろいろ大変なことになっちゃいますからねぇ(笑)。

 

 

もちろん指示がシンプルなだけに弊害もありまして、

 

  • 糖質を減らせば減らすほど良いと考えた結果、さまざまな不調の原因になる。

 

といった問題を起こす要因にもなってるかと思います。もっとも、そこまで極端な糖質制限をやってる人は少ないですから、全体的にはメリットのほうが大きいでしょうけど。

 

 

まとめ

そんなわけで、個人的には「指示が少ない」のが糖質制限ダイエットで一番良いところだと思います。「糖質を減らそう!」の一言ですむのは、ダイエット初心者にとっては大きなメリットでしょう。くれぐれも極端な糖質制限には走らず、適度なレベルを保って実践していただければと思います。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。