Loading...

テアニン+カフェインで脳のパフォーマンスがガッツリと上がった件 ※ただしデメリットもあり

Theanine+caffeine

 

以前からテアニン+カフェインの組み合わせが脳に効く!といったデータを紹介してまいりました。特に最近出た論文はおもしろくて、200mgのテアニンと160mgのカフェインを同時に飲んだところ、集中力が10%も上がったとか。

 

 

というわけで、テアニンとカフェインを試してみました。テアニンはNOW社、カフェインは PROLAB社の製品を購入。どちらも1錠に200mgずつ成分が入っております。

 

 



Theanine+caffeine2

 

1回の分量はこれぐらい。さっそく水で飲んでみましたが、飲んで5分もせずにハッキリとした変化が出ました。

 

 

まず明確に胸のあたり軽い圧迫感が生じまして、続いてこめかみから後頭部にかけての血流が上がったような感覚。と同時に視界がモニタにフォーカスされまして、妙に作業がはかどり始めたんですな。

 

 

といってもカフェインに特有の焦燥感は少なく、マイルドに作業の集中を持続させてくれるイメージであります。おそらくカフェインの副作用をテアニンが打ち消してるんだと思いますが、くわしいところは不明。いずれにせよ、これはなかなか良いんじゃないでしょうか。

 

 

ただし、2〜3日続けてみたところ、ちょっとしたデメリットもありました。テアニン+カフェインが効く間違いないんですけど、同時にムダな作業への集中力も高まっちゃうんですよ(笑)

 

 

例えば、ふとした拍子に気がそれてネットサーフィンを始めたら、いつもより集中してどうでもいいニュースを読み込んじゃったりとか。とにかく、あらゆる作業への集中力が高まるんで、やっぱり意識のコントロールは必要だなーと思った次第です。

 

 

その意味では諸刃の剣なんですけど、いったん目の間の作業にチューニングが合えば、そのまま勢いよくタスクをこなしていけちゃうのは大きなメリットかと。個人的には良い手応えだったんで、今後も使っていくつもりです。

 

 

もっとも、フェイスブックでいただいたコメントによれば、「テアニン+カフェインを飲んだら心臓がバクバクして困った」というケースもあったようなので、やっぱカフェインの量には注意したほうがよさそう。まずは1回100mgのカフェインからスタートして、様子を見てみるとよいかもですね。

 

 

ちなみに、テアニン+カフェインは脂肪の燃焼効果もありまして、筋トレの前なんかに飲むのもアリかと思う次第です。お試しあれー。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

  1. カフェイン過敏症(アレルギー?)でパニック障害を引き起こした経験があって、
    飲まなくなってからは一切症状がなくなったので今はいいのですけど、
    こういうカフェイン系の情報は試したいけど試せなくて悔しいです(笑)

    という愚痴でしたw

    返信削除

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS