Loading...

イヌイットは糖質と食物繊維を摂らなくても健康なのはなぜ?→実はちゃんと摂ってます

Inuit

 

当ブログでは、よく糖質食物繊維の大事さを強調しております。人類は数百万年にわたって大量の糖質と食物繊維を食べながら進化してきたんで、パレオダイエット的に両者が大事なのは当たり前なんですな。

 

 

 イヌイットは糖質&食物繊維ゼロでも元気?

が、というとよく聞かれるのが「イヌイットはどうなの?」というご質問です。世の中には糖質と食物繊維をほとんど摂らずに健康を維持してる人たちがいるんだから、本当は不要な栄養素なんじゃないの?みたいな話です。

 

 

これは糖質制限ダイエッターの方から言われる話で、ケトジェニックのような食事法の補強材料になっております。たとえば糖質制限で有名な江部康二医師によれば、

 

狩猟採集生活を送っていたイヌイットの場合、糖質が極めて少ない食生活でした。当然、血中ケトン体は高かったと推測されますが、彼らの健康状態は同時期の先進国の人々よりも良好で、糖尿病や肥満などはなく、がんも少なかったのです。

 

とのこと(1)。さらに、長尾周格医師も次のように主張しておられます(2)。

 

イヌイットとかは5千年間、少なくとも同じような食生活で生活してきた人たち、彼らは食物繊維取らないんですよね。「食物繊維を取らないと人間は健康でいられない」って言うんだったら、イヌイットは健康じゃないんでしょうか?

 

これは本当に糖質制限の世界でよく聞く説で、「糖質と食物繊維が不要な証拠!」として扱われたりしております。

 



 

 

 イヌイットも普通に植物をいっぱい食べてます

これだけ見ると、なんとも不思議な現象のようなんですが、その答えはとても簡単。たんに、イヌイットも糖質と食物繊維を普通に摂っているからです。

 

 

たとえば、氷雪地帯の暮らしを詳細にまとめた「Uqalurait」によれば、イヌイットは動物にくわえて実は大量の植物を食べているそうな。具体的には、

 

  • ケルプ
  • 海藻・藻類
  • プランクトン
  • ヤナギラン
  • コケ
  • オキザリス
  • ベリー類
  • 根菜類

 

なんかを集めて冷凍するか発酵させて保存。1年をとおして食べていくらしい。この時点で、イヌイットが糖質と食物繊維を食べてないって説はかなり怪しげ。

 

 

 イヌイットの糖質量は最低でも1日110g

ついでにイヌイットの皆さんは、動物からもちゃんと糖質と食物繊維を摂ってたりします。1985年に行われた調査(3)からポイントを抜き出すと、

 

  • 実はイヌイットは大量の糖質を摂っている
  • イヌイットは動物の肝臓から大量のグリコーゲンを摂取できる
  • イヌイットがクジラや鳥の脂身を保存する際に、タンパク質が腐敗して糖質に変換される
 

 とのこと。これは「アニマルスターチ」と呼ばれてまして、動物からもバッチリと糖質は摂れるんですな。

 

 

では、実際にイヌイットがどれだけ糖質を摂っているかというと、1972年にアラバマ大学が行った調査(4)にくわしく書いてあったりします。

 

(イヌイットの)平均摂取カロリーは1日に3,000kcalで、だいたい2,300〜4,500kcalの開きがある。そのうち50%は脂肪で、30〜35%がタンパク質だ。糖質は15〜20%で、その多くはアニマルスターチがまかなっている。

 

どうやら、寒冷地で暮らすには1日に3,000kcalは食べないといけない模様。そのうち15〜20%が糖質なんで、少なくても1日に110gの糖質はとってる計算であります。ジャガイモで換算すると、中ぐらいのサイズをだいたい7〜8個ぐらいですかね。

 

 

 イヌイットは別にケトジェニックでもない

また、ついでに言えば「イヌイットはケトジェニックだ!」みたいな話も相当に怪しげ。というのも、イヌイットの血液検査は1930年代から何度も行われてるんですが(5,6,7)、いずれも「血中のケトン体は高くない!」って結論なんですよ。

 

 

もちろん、たまに高脂肪食が続いてケトン体が増えるケースもあるようですが、基本的にはケトジェニックで暮らしてるわけじゃないみたい。というか、普通に糖質を摂ってる以上は当然の話ではありますが。

 

 

ちなみに、もうひとつイヌイット関連でおもしろいのが、2014年に行われた調査(8)です。ケンブリッジ大学が寒冷地で暮らす住民を調べたところ、イヌイットはケトーシスに入るのを防ぐ特殊な遺伝子を持ってることがわかったんですな。

 

 

これはCPT1Aって遺伝子に起きた変異で、ケトン体の作り過ぎを防ぐほうに働くらしい。つまりイヌイットの体は、できるだけケトジェニックにならない方向で適応したわけです。一部には「ケトン体が体にいい!」って説もありますが、こういったデータを見ちゃうとにわかに信じがたいんですよねぇ。

 

 

まとめ

そんなわけで、イヌイットの皆さんはちゃんと糖質も食物繊維もとってるし、ついでにいつもケトジェニックなわけでもないというお話でした。

 


このあたりのデータは1930年代からくり返し確認されてまして、なぜいまだに「イヌイットは糖質を摂らない!」みたいな話が生き残ってるのかは謎。まぁいろんな人の都合があるんでしょうね。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。