Loading...

今週半ばの小ネタ:将来の希望で快眠、理想のダークサイド、ほめとモチベーション

Summary

ひとつのエントリにするほどでもないけど、なんとなく興味深い論文を紹介するコーナーです。

 

 

 

ぐっすり寝たいなら将来への希望を持とう!みたいな話

ぐっすり寝たいなら将来への希望を持て!」ってデータ(R)が出ておりました。これはアメリカの大都市に住む3,548人を対象にしたもので、

 

  1. みんなの楽観性
  2. 睡眠の質

 

って2つのポイントを調べて結果をくらべたんだそうな。「楽観性」については、「私はいつも未来に希望を持っている」とか「私のやることは滅多にうまくいかない」みたいな文章にどう反応するかで見てます。

 

 

そこで何がわかったかと言いますと、

 

  • 将来に希望を持っている人は、最高に質が高い睡眠を取っている可能性が78%も高い!
  • ポジティブな人ほど一晩に6時間から9時間の十分な睡眠時間を確保している確率が大きい
  • 楽観的な人は不眠症や日中の眠気に悩む可能性が非常に低い

 

だったそうです。だいぶ前にも「人生に意味を感じていると睡眠の質が高くなる」って報告がありましたけど、だいぶ近い話ですね。

 

 

研究チームいわく、

 

近年では、楽観主義(将来的にはポジティブなことが起きるはずだという感覚)が病気を予防し、健康状態を高めるための顕著な心理的な特性と考えられるようになった。

 

楽観主義者は、問題の解決にむけて積極的に対処していく可能性が高く、ストレスの多い出来事をよりポジティブな方法で解釈し、入眠時や睡眠サイクルをさまたげる心配事や反芻的な思考を減らす。

 

とのこと。確かに睡眠に悩む人の多くは「不安」を抱えてることが多いので、ここらへんの話はよく分かりますね。まぁ楽観主義についてはある程度まで鍛えられることが分かってるので、睡眠に問題がある方はトレーニングをしてみてもいいかもしれません。

 

 

理想を持つときは取り扱いに注意だ!みたいな話

ネガティブ思考がメンタルに良くないのは当たり前ですが、「なかでも『かなわなかった夢』について考え続けちゃうケースが一番良くないかもよ!」みたいな話(R)が出ておりました。

 

 

こちらは138人の学生が対象でして、

 

  1. 全員に「理想の自分」と「あるべき自分」の姿について尋ねる
  2. みんなの不安や抑うつのレベルを尋ねる
  3. 2つのデータを比べる

 

みたいな内容になってます。そこでどんな傾向が見られたかと言いますと、こんな感じ。

 

  • 自分を向上させたい!という願望自体には何の問題もないし、モチベーションを上げることもある
  • ただし、「自分の向上に失敗した!」ってことを何度も考えてると病みまくる!
  • 「あるべき自分」について考えると不安は増すが抑うつにはつながらない

 

ってことで、理想を持つこと自体は問題ないものの、破れた理想について考えるのは良くないんだ、と。

 

 

研究チームいわく、

 

「理想の自分」の達成に失敗すること自体は問題ない。しかし、その失敗について繰り返し考えることは、心理的苦痛を増す可能性が高い。

 

とのことで、「理想」ってのはモチベーションアップにも抑うつにもつながるので、取り扱い方に注意しましょうね!って視点が強調されておりました。個人的には歳を取るごとに「理想」自体を持たなくなってきたんで、あんま関係がない話ではあるんですが。

 

 

 

子供をほめすぎるとモチベーションが下がるかも!みたいな話

最後はアムステルダム大学の調査(R)で、「子供を過剰にほめたらどうなる?」って問題を調べたものになります。まず実験のデザインをまとめると、

 

  1. 240人の子供を集めて、ゴッホの「ばら」のコピーを描くように指示
  2. 描き上がった絵をプロの画家が見て、3分の1の子供には「信じられないほど美しい絵だ!」と大げさにほめる
  3. あと3分の1は普通にほめて、さらに3分の1はまったくほめない
  4. 続けて全員に複雑な絵を4枚と簡単な絵を4枚ずつ見せて「また好きなものを再現してみて!」と指示する

 

といった感じです。つまり、大げさにほめられた子供は、そのあとで「より難しいタスクにチャレンジするのか?」ってとこをチェックしたわけですね。

 

 

すると結果はこんな感じになりました。

 

  • もともと自尊心が低い子供を過剰にほめると、2つ目の課題に挑戦しようとする気持ちが弱くなった
  • もともと自尊心が高い子供の場合は、ほめられた後により難しい課題にチャレンジする意欲が増した

 

ってことで、もともと自信がない子供をほめまくると逆に不安が高まり、チャレンジ精神がなくなるかもしんないらしい。私も基本は自信がないタイプなので、この感覚はよく分かりますなぁ……。自信がない人をほめるときは、「適度なほめ」を意識するといい感じっすね。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item