Loading...

塩と摂りすぎすると体が老化するしアレルギーもヒドくなるし……という怖い話

Salt

  

 塩分の摂りすぎははあらためてヤバい

パレオダイエットの教科書」では健康な食事についていろいろ書いてますが、あまり「塩分」に関して触れてないんで、そのへんの話でも。

 

 

そもそも「塩のとり過ぎが良くない」ってのは常識で、昔から高血圧や心疾患の原因になると、さんざん言われ続けてきたわけです。が、ここ数年はさらに「塩分はヤバい!」ってデータが増えてきまして、ちょっとまとめておこうかな、と。

 

 

で、直近で良かったのが2015年の研究(1)で、ミュンヘン大学などのチームが手がけたものです。

 

 



国際宇宙ステーションを模した閉鎖環境で実験

この研究がおもしろいのは、「マーズ520」を使ってるとこ。「マーズ520」ってのは、将来の火星有人探査のために作られたロシアの実験場で、国際宇宙ステーションに似た環境で8カ月ほど暮らして様子をみるための施設なんですな。

 

 

「マーズ520」のクルーは6人で、30〜60日ごとに違う塩分量で過ごしてもらったらしい。参加人数が少ないのがアレですが、なんせ従来の調査って、アンケート調査から塩の摂取量を推定したものが多かったんで、そのへんはイマイチ信頼感がなかったんですよね。その点、この実験は特殊な環境で条件をコントロールできるので、非常によろしいのではないかと。

 

 

1日12gの塩分で体内の老化スピードが激増

この実験では、1日の塩の摂取量を3パターンで調整してまして、

 

  1. 6g
  2. 9g
  3. 12g

 

って感じで過ごしてもらったらしい。そのうえで参加者の血液を調べたところ、

 

  • 1日12gの塩分を摂ったら免疫細胞の数が激増!
  • 逆に1日6gにしたら炎症性サイトカイン(IL-6とかIL-23とか)が激減!
  • ついでに、塩分を減らすほど抗炎症作用があるIL-10が増加!

 

って違いが出たんだそうな。つまり、塩を減らせば減らすほど炎症が減ったわけですね。うーん、おもしろい。ちなみに「炎症?なにそれ?」という方は、「体内に火事を起こして、あらゆる不調を引き起こす「慢性炎症」の話 」をどーぞ。

 

 

塩分の摂りすぎはアレルギー体質も悪化させる

参考までに書いておくと、いまの日本人は男性が平均で1日11.3g、女性が9.6gの塩分を摂ってたりします。この実験に照らせば、大半の人は塩の摂りすぎで体が老化してる可能性があるわけですな。

 

 

もちろん、これはたった6人の実験ではありますが、WHOなんかは「塩分は1日5gまでにしとけ!」と言ってたりしますからねぇ。減塩を心がけたほうがいいのは間違いなさげ。

 

 

さらに、塩分と炎症の関係については、2016年にクリーブランドクリニックが良いレビュー論文(2) を出しております。研究者いわく、

 

塩分を摂りすぎると、マクロファージ(M2)の活性が妨げられる。M2には組織の炎症をやわらげる機能があり、傷の治りを促進する働きがある。

 

また、塩分の摂りすぎはIFNγ の産生を増やすため、Tレグの働きが損なわれてしまう。これらの現象が重なって、塩分が多い状況では炎症が進むことになる。

 

とのこと。Tレグってのは、以前にも書いたとおり免疫の暴走を防ぐ人体システムのひとつ。つまり、私のようなアレルギー体質の人にも塩分はよくないってことですな。

 

 

そもそも人体は塩分に対応できていない

言われてみればそのはずで、狩猟採集民の調査(3)などを見てますと、大半の部族では1日の塩分量は1g以下で、まったく塩を摂らない日も珍しくないんだとか。人類がこんなに塩を摂るようになったのは最近のことなんで、遺伝子が対応してないんでしょうな。

 

 

もちろん塩は大事なミネラルなんで、まったく摂らないのも問題でしょうが、とりあえず日本人は塩分が多いので減らすことを考えるのが吉。「パレオダイエット」を徹底して加工食品を減らせば、おそらく1日5g以下のラインは守れるかと思います。

 

 

いっぽうで外食が多い場合は、まず1日10gは超えちゃうのが普通ですんで、そのときはせめて野菜を大量に食べてカリウムの摂取量を増やすのがよかろうと思われます。どうぞよしなに。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。