Loading...

10分で脳のパフォーマンスを14%アップさせるエクササイズ術

Runner 

10分の運動でも頭は良くなる

こないだ「1日20分の運動で頭が良くなる方法」みたいなのを書きましたけど、これはインターバルトレーニングを毎日6週間やんなきゃいけないという、なかなかハードな内容でありました。さすがに、ちょっとめげる人もいそう。

 

 

が、西ロンドン大学の新しい論文(1)は、「10分の運動でもかなり頭は良くなるよ!」って内容になってていい感じです。

 



実は1回の運動でも頭は良くなっている

研究チームいわく、

 

長期間のエクササイズ計画を立てても、ちゃんと守れない人は多い。時間がないか、体力が追いつかないせいだ。

 

しかし、今回の研究によれば、サイクリングや早歩きを短時間するだけでも、すぐにメリットを得ることができる。しかも、1回の運動で十分のようだ。

 

だそうな。運動で脳がデカくなる!みたいな話は昔から山ほどあったものの、実は1回の運動をしただけでもすでに頭は良くなっているんだ、と。これはモチベーションが上がる話ですねー。

 

 

ちょいキツめの運動を10分やるだけ

実験では、参加者たちを2つのグループにわけまして、

 

  1. すわって雑誌を読む
  2. 10分だけエアロバイクをこぐ

 

 のどちらかを指示したらしい。エアロバイクを行ったグループは、別にタバタ式のようにハードな運動をしたわけじゃなくて、中高強度身体活動(MVPA)ぐらいのレベルでペダルをこいだだけらしい。

 

 

これは、早歩きからランニングぐらいの運動のことで、負荷はかなり軽め。ちょっと息が上がってハァハァするぐらいのイメージでしょうか。前に紹介した20分インターバルに比べたら相当ラクですな。

 

 

運動グループは脳機能が14%改善していた

で、その後、参加者にはいくつかのテストを行って、脳の反応スピードと実行機能(なにかを決断したり分析する能力)の変化をみたらしい。その結果は、

 

エクササイズをしたグループは、すぐに脳の改善が見られた。彼らの反応はより正確になり、エクササイズ前にくらべて反応速度も50ミリ秒ほど短くなった。

 

この数字は小さなものに思えるかもしれないが、認知のパフォーマンスが14%ほど向上したことを意味している。

 

だったそうな。たった10分ほどハァハァするだけで、実は14%も脳の性能が上がってるらしい。これは、勉強や仕事の前には必ず運動したほうがいいレベルじゃないでしょうか。

 

 

作業の前にも後にも運動をしたほうがいいかも

ちなみに、この研究を担当したマシュー・ヒース教授は、プレスリリースでこう言っております。

 

ぼくはいつも自分の教え子には、テストや試験、面接、または頭を使う場面になったら、必ずその前に運動をするように言ってるんだ。

 

これまでも、頭脳労働のあとに軽くエクササイズをするとストレスが減るってデータはあったんですが、実は作業前の運動のほうが大事なのかもですな。

 

 

ちなみに、65才を対象にした実験だと「1日10分の早歩きで脳の老化は防げる」そうなんで、いずれにせよ毎日に最低でも10分はやや辛い運動をしたほうがよさげっすな。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

42才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。「パレオダイエットの教科書」と「服用危険」って本が発売中です。