Loading...
item-thumbnail

正味なところ、漢方薬って本当に効果があるの?「東洋医学ってどうよ? #1」

  東洋医学に関するご質問をいただきました。   いつも楽しく拝見しております。 この季節、私は頭皮から異常に汗をかきます。 そこで多汗症・頭汗で色々調べていたところ、多くの漢方薬が出てきました。 鈴木さまはサプリにお詳しいですが、漢方薬・東洋医学についてどうお考え...

item-thumbnail

「痩せるために運動するぞ!」と決心した人ほど運動が続かなくなる人生の皮肉

  運動のきっかけといえばダイエットや健康が定番。しかし、ミシガン大の論文( 1 )によれば、 減量や健康をモチベーションにすると逆に運動が続かなくなっちゃう らしい。     「健康」を目標にしても運動は続かない これは335人の中高年を対象にした実験で、1年にわた...

item-thumbnail

パレオダイエット的に最強の炭水化物、それは「サツマイモ」

  パレオダイエット を始めてから早3年半。パン・パスタ・ラーメンは年に2〜3回ぐらい、白米は週に1回食うか食わないかぐらいの暮らしを続けております。     が、 パレオダイエットは糖質制限ダイエットではない ので、「 適切に炭水化物を食べて痩せるための4ステップ 」...

item-thumbnail

精神の合気道「マインドフルネス」で、しつこい不安と悩みを10秒で止める方法 | ロナルド・シーゲル「マインドフルネス・ソリューション」

    ロナルド・シーゲル「マインドフルネスソリューション 」を読み終わり。ハーバードの心理学教授が書いた初心者向けの マインドフルネス 本で、 不安や心配性の対処に特化した内容 になっております。そのうち邦訳が出るかも。     というわけで、今回は本書のポイントをい...

item-thumbnail

人類とお肉の長い付き合い「結局、お肉は体にいいのか悪いのか? #1」

パレオダイエット では「 ちゃんとお肉を食べましょう! 」と主張してるんですが、しばしば「肉には発がん性が!」や「タンパク質は腎臓にダメージが!」みたいなニュースが流れたりして、とまどってしまうところです。     というわけで、ここでは「 結局、お肉は体にいいのか悪い...

item-thumbnail

幸福は金で買えるが、人生の意味は金では買えない!じゃあ、どうすればいいの?

当ブログでは、よく「幸福感」に関する研究データをご紹介してますが、近ごろおもしろかったのが名著「WILLPOWER 意志力の科学」で有名な ロイ・バウマイスター 博士の2013年論文( 1 )。     ひとくちに「幸福」といっても、実は「 幸福な人生 」と「 意味のある...

item-thumbnail

なぜアレルギー持ちはナス科野菜(トマト・ピーマン・ナス)を食べてはいけないのか?

  当ブログでは、 アレルギー対策の話 を 何度も書いてます が、必ず「NG食品」にリストアップされるのがナス科の野菜であります。ナス、トマト、ジャガイモ、トウガラシ、ピーマン、パプリカなんかが代表例ですね。     もちろん健康体の方が食べるぶんには問題はないんですが...

item-thumbnail

男女の友情は4倍壊れやすい!統計でわかった友情が終わる4つのパターン

  恋愛や友情の作り方 に関する 論文はかなり多い んですが、ありそうでなかったのが 友情が終わる原因 を調べた研究。近ごろフロリダ・アトランティック大学から出た論文( 1 )は、そのへんの疑問についてガッツリ調べていておもしろいです。     これは、アメリカの中学生...

item-thumbnail

心屋仁之助さんが使う「NLP(神経言語プログラミング)」って科学的な根拠があるの?

「心屋仁之助さんってどう思います?」との質問をいただいたんですが、恥ずかしながら心屋さんをまったく存じ上げなかったワタクシ。軽く調べてみたら、なんでもNLPを使ったカウンセラーさんだそうで、おもに意識が高い方々に愛されてるっぽいですね。 学問の世界じゃNLPはガン無視...

item-thumbnail

ノコギリヤシは本当に「育毛の救世主」なのか?

  「ノコギリヤシが育毛に効くのは本当ですか?」ってご質問をいただきました。ノコギリヤシは、昔から滋養強壮なんかに使われてきたハーブなんですが、一部では「育毛の救世主!」とも呼ばれてるんですな。     60%の参加者に髪が生えた? ノコギリヤシが育毛に効くと言われる...

item-thumbnail

その体調不良は「ヒスタミン不耐症」かも?醤油や豆乳が疲労の原因に

  「 フードアレルギーが体調不良の原因に! 」って話はだいぶ有名になってきましたが、意外と知られてないのが「 ヒスタミン不耐症 」であります。 ヒスタミン不耐症はあらゆる不調の原因に ヒスタミンは魚やチーズなどにふくまれる物質で、通常はアミン酸化酵素のおかげですぐに分解...

item-thumbnail

安全性がかなり怪しくなってきた化粧品の添加物3選 #2

以前に書いた「 安全性がかなり怪しくなってきた化粧品の添加物3選 #1 」で、「パラベン・フタル酸エステル・ トリクロサン のいずれかをふくむコスメはヤバい!」という話をしました。その続きとして、さらにメジャーな成分の危険性についていくつか。 PEG 化粧品や洗剤など...

item-thumbnail

体に良いもの優先順位がわからないときは「人類の歴史」を参考にしたらいいんじゃないか

  パレオダイエット は NG食品の数が多い もんで、とかく「食べちゃダメなものの優先順位がわからないよ!」ってケースにおちいりがち。そんなときは、 人類の食事の歴史を参考にすればいいんじゃないか と思いまして、簡単なインフォグラフィックを作ってみました。     ざっく...

item-thumbnail

エクササイズの快眠効果を最大化するための、科学的な運動タイミングガイドライン

  運動が健康にいいのはもちろん、 不安や鬱を減らす効果も高い わけですが、さらには 快眠をもたらす作用 もあったりします。では、具体的にエクササイズで睡眠の質を上げるためには、どれぐらい体を動かせばいいんでしょう?     週150分のエクササイズは日中の眠気を減らし...

ホーム archive