Loading...
item-thumbnail

マグネシウムの効果を徹底的に調べまくったら、"あの症状"にほぼ確実に効くことがわかった件

  「 マグネシウムって重要よねー 」みたいな話を 何度も書いております 当ブログ。なにせマグネシウムは300以上もの酵素の働きに関わってるんで、ちょっと不足するだけでも全身がガタガタになっちゃうんですよ。     こうなると、「 マグネシウムの効果にはどれぐらいの証拠...

item-thumbnail

運動のケガを防ぐためにもビタミンDは効くかもだ!みたいな実験の話

またしても、このブログではおなじみな「 ビタミンD 」の話です。なにせビタミンDは骨や筋肉の健康、免疫システムの正常な働きに必須なことがわかってきまして、近年ではその大事さが前よりもクローズアップされてきたんですよね。     で、新しいデータ( R )は「 ビタミンDが...

item-thumbnail

オリーブオイルは「香りをかぐ」だけでもダイエットになるのかもだ!というドイツの実験

  個人的に、常用の油として オリーブオイル か ココナッツオイル のどちらかをずっとオススメしてるわけです。特にオリーブオイルはメリットが多くて、   癌予防効果がハンパなさそうな件 野菜を炒めると健康効果がアップ   なんてデータが出てますんで、ぜひ料理用に...

item-thumbnail

ブルーベリーが血管のアンチエイジングに超いいかもよ!って実験の話

  「 ブルーベリーっていいよねー。抗酸化力が高いし美味しいし 」みたいなデータを よく紹介してまして 、ここでももまた似たような話を。今回のデータ( R )は「 ブルーベリーで心疾患リスクが下がるぞ!すでにリスクが高い人にもメリットがあるよ! 」って結論になっていて、心疾患...

item-thumbnail

幸福度が低くなりがちな「神経症傾向」にも良いところはあるんだよ!という大規模調査の話

  人の性格を決める ビッグファイブ で、いまいち評判が悪い要素といえば「 神経症傾向 」。そもそもの定義が「不安を感じやすいタイプ」のことなんで、どうしても幸福度は低くなっちゃうんですよ。     ……なんだけど、イギリスで行われた新しい研究( R )では、「 神経症...

item-thumbnail

ビタミンDは癌に効くのか?のメタ分析が出てましたよー

  というわけで、またビタミンDの話です。なんだか ビタミンDの話ばかりしてる ようですが、ハイペースで新しいデータが出てくるんで仕方ないんですよ。     で、今回の論文( R )は、「 ビタミンDは癌に効くのか? 」がテーマです。実は2015年の観察研究( R )な...

item-thumbnail

あのポリフェノールが筋肉を増やすのに役立つかもしれないだって?

  このブログにたまに出てくるサプリに「 ケルセチン 」ってのがあります。タマネギなんかに多くふくまれるフラボノイドの一種で、 免疫システムの改善に定評 があるもんで、過去には 「リーキーガット」な人にオススメしたいサプリ に選んだりもしてました。アレルギーの人なんかは、試...

item-thumbnail

悪い知らせを伝えてきた人は、それだけで嫌われちゃうぞ!というハーバード論文

悪い知らせを伝えてくるヤツは、それだけで嫌われるぞ!って内容の論文( R )がおもしろかったんでメモ。 これはハーバード大学の研究で、11個の実験を通して「 ニュースを伝えてきた人間に対して、人間はどんな印象を抱きがちなのか? 」って問題を調べてくれたんですな。 ...

item-thumbnail

今週の小ネタ;運動不足で性格が悪化、親しみやすさを簡単に上げる方法、“あれ”が優秀な人は脳も健康

ひとつのエントリにするほどでもないけど、なんとなく 興味深い論文を紹介するコーナー です。

item-thumbnail

DNAの働きに異変を起こすかもしれない「子供時代の7つの逆境」

  毒親 や虐待が子供の成長に良くないのは当たり前で、大人になってからも深い傷を残し続けるのは間違いないところです。     が、新しい研究( R )では話がさらに進んで、「 子供のころの逆境はDNAレベルで異変を起こす! 」って結論になっててちょっと怖いです。   ...

ホーム archive