Loading...

オリーブオイルは「香りをかぐ」だけでもダイエットになるのかもだ!というドイツの実験

 

個人的に、常用の油としてオリーブオイルココナッツオイルのどちらかをずっとオススメしてるわけです。特にオリーブオイルはメリットが多くて、

 

 

なんてデータが出てますんで、ぜひ料理用に使っていただきたいと思う次第です。

 

 

かようにデータ量の多いオリーブオイルですが、新たにチェックしたデータ(R)では、ちょっと意外なメリットが報告されててビビりました。なんでも、オリーブオイルってのは「香りをかぐだけでもダイエットになる」らしいんですよ。

これはミュンヘン工科大学の研究で、どんな実験かと言いますと、

 

  1. 500gの低脂肪ヨーグルトに追加で4種類の脂肪やオイルを足したものを用意
  2. いつもの食事に加えて、上のヨーグルトを参加者に毎日食べてもらう
  3. 3ヶ月後の変化を見る

 

みたいになってます。普段よりも油でカロリーを増やした食事を続けて、どのような違いが出るかをチェックしたわけっすね。

 

 

ここで使われた油は4種類で、

 

  • ラード
  • バター
  • 菜種油
  • オリーブオイル

 

のようになってます。もちろん、どの油を使った場合でも追加の摂取カロリーは同じになるように調整されております。

 

 

そこで、結果がどのようになったかと言いますと、

 

もっとも満腹の効果が大きかったのはオリーブオイルだった。オリーブオイルを摂取したグループは血中のセロトニンレベルが高く、これが食後の満足感を高めたのだと思われる。

 

だったそうで、オリーブオイルを摂取した参加者がもっとも「満腹になりました」と報告する傾向が強かっただけでなく、実際に体脂肪の増加も見られなかったんだそうな。要するに、

 

  1. オリーブオイルのおかげで食後の満足度が高くなる
  2. その後の食事の量が減る
  3. 最終的にカロリーが相殺されて、体脂肪が増えなくなる

 

みたいな流れで肥満を予防してくれたみたいなんですな。おもしろいですねぇ。

 

 

さらに研究チームいわく、

 

この結果は本当に驚きだ。菜種油とオリーブオイルには似たような脂肪酸が含まれているにもかかわらず、なぜこのような違いが出たのだろうか?

 

とのことで、オリーブオイルに特有の作用はどこか来てるのか?ってとこがポイントになっております。

 

 

そこで、この研究ではさらに実験を進めまして、

 

  1. 参加者を2つのグループに分けて、ひとつにはオリーブオイルから抽出した香りを混ぜたヨーグルトを食べてもらう
  2. もう一方のグループには、普通のヨーグルトを食べてもらう

 

って感じで過ごしてもらったんだそうな。つまり研究チームは、「オリーブオイルの香りが重要なんじゃないの?」と考えたわけですね。

 

 

すると、結果は研究者の読みどおりでして、

 

  • オリーブオイルグループは、その後の食事で追加のカロリーを取らなかった
  • 普通のヨーグルトを食べたグループは、その後の食事で普段より176kcalも追加でカロリーを取っていた

 

って違いが出たんだそうな。1日あたり176kcalってのは長期的に見たらなかなかの差ですが、その原因については、

 

オリーブオイルの香りをかいだグループは、コントロール群よりも血中のセロトニンが増えていた。

 

だったそうで、オリーブオイルのアロマはセロトニンレベルに影響を与えるのかも?と思わせる結果になっておりました。

 

 

まぁこの結果がどこまで追試で再現できるかはわからんのですが、オリーブオイルの香りをかぐだけでいいなら追加でカロリーをとる必要もないですし、試す価値は十分じゃないでしょうか。とりあえず、

 

  • 食事の前にはオリーブオイルをかいでみる!

 

とか心がけておくと、食欲がコントロールできていいかもしれません。こりゃ手軽でいいっすなぁ。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item