Loading...

ベジタリアンで鬱の発症リスクがあがる……かも、という話

Vegetable

 

 ベジタリアンで鬱の発症リスクがあがる?

ベジタリアンって体にいいの?」って問題については、まだ賛否両論がある昨今。新たに出た論文(1)では、「ベジタリアンで鬱の発症リスクが激しくアップ!」って結論になっててビビりました。

 

 

これはブリストル大学の研究で、イギリスの男性9,668人が対象。まずは全員に食生活のアンケートを行ってガチのベジタリアンを選り分けたんですな。

 

 

その結果、見つかったベジタリアンの数は全員で350人。続いて彼らのメンタルを調べて、普通に肉を食べる人と結果をくらべたんですな。

 



 ベジタリアンは鬱の発症リスクが高かった

それでどんな傾向が出たかと言いますと、

 

  • ベジタリアンは、肉を食べる人にくらべて鬱の発症リスクが74%アップ!

 

って感じだったそうな。この傾向は、喫煙・体重・職業といった要素をコントロールしても残ったそうで、なかなかおもしろいもんです、

 

 

 ベジタリアンに足りない栄養素とは?

研究者いわく、

 

(鬱の発症リスクが高まる)要因の可能性としては、野菜や大豆にふくまれる植物性エストロゲンがあげられるだろう。

 

その他の要因としては、魚介類の摂取量が減ることにより、鬱症状のリスクが高まるのだと思われる。

 

とのこと。植物性エストロゲンの過剰とオメガ3脂肪酸の不足を、おもな原因と考えているわけですね。

 

 

また、このほかにも考えられる原因としては、

 

 

ってあたりが言われておりました。いずれも当ブログであつかってきた話でして、可能性としてはあるかなーぐらいの話。

 

 

もちろんベジタリアンが悪いと決まったわけではない

ただし、これは横断研究なんで、当然ながら「逆の相関関係も否定できない」と研究者も釘を刺しております。要するに、ベジタリアンだから鬱になるんじゃなくて、鬱になった人が「肉を減らせば治るのでは……」と考えて菜食になっていくケースも考えられるよーって話です。

 

 

ってことで研究者いわく、

 

全体の人口の何割かにとっては、ベジタリアンは健康、信仰、倫理的な理由で選ばれたわけではない可能性がある。その人たちにとっては、ベジタリアンは食習慣の乱れや鬱症状の指標になるかもしれない。

 

とのこと。まだまだよくわからんけど、ベジタリアンで病む可能性もあるから気をつけようねーぐらいのスタンスですね。

 

 

また、これは350人規模の小さな研究ですし、男性しか対象にしてないんで、ハッキリした結論を出すのは難しいところ。とりあえず、現時点でベジタリアンを実践されている方は、

 

  • ビタミンB12不足に注意
  • ビタミンB6不足にも注意
  • 葉酸もちゃんと摂るべし

 

 ってあたりを心がけていただくのが無難かと思われます。どうぞよしなに。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。