Loading...

ザクロを食べると肌が紫外線に10%ほど強くなるぞ!という実験の話(と、さらにもっと良い食品の話)

 

今日はザクロのお話です。ザクロが栄養豊富な果物なのは間違いないところで、過去には「運動の疲れが減るのでは?」なんてデータもあったりするわけです。

 

 

それもこれもザクロはポリフェノールが多いからで、こいつが体内の酸化を防いでくれるおかげで、いろんなメリットが得られると考えられるんですな。なかなか手に入りづらいのが難点ですけど、かなり優秀な食材のひとつだと申せましょう。

 

 

で、そこで仮説としてあり得るのが、「ならばザクロは紫外線のダメージを防いでくれるのでは?」って考え方です。というのも、紫外線が肌に起きるダメージは酸化と炎症によるところが大きいので、ポリフェノールが効く可能性は結構あるんですね。

 

 

実際、過去にも「ダークチョコで紫外線ダメージが軽減!」(R)とか、「フェーンブロックでで紫外線ダメージが軽減!」(R)みたいなデータはありまして、ポリフェノールが豊富な食材であれば、いずれも役立つ可能性はあるんすよね。

 

 

そんなわけで新しいデータ(R)は、ザクロの紫外線ブロック効果について調べてくれていて有用でした。なんせ紫外線は肌を老化させる最大要因のひとつなんで、少しでも役立ちそうなものは押さえておきたいところです。

 

 

実験は30〜40歳の女性74人を対象にしていて、まずは3つのグループに分けてます。

 

  1. ザクロの抽出物を1g飲む
  2. ザクロジュースを230ml飲む
  3. プラセボの偽ドリンクを飲む

 

実験期間は12週間で、ザクロの抽出物とジュースにふくまれるプニカラギン(ポリフェノール)の量はどちらも100mgずつ。ただしエラグ酸(「体にいいかも?」と言われるザクロの成分)については、ジュースよりは抽出物の方が多かったとのこと(23mg vs 44mg)。

 

 

でもって、毎日ザクロを飲み続けて12週間が過ぎたところで、以下のポイントを調べております。

 

  • 肌がどれぐらいの紫外線で赤くなるか?(いわゆるMED)
  • 肌の細菌フローラはどうなってるか?(肌に住みつくバクテリアも美肌を保つには超大事)
  • メラニンはどれぐらい産生してるか?(つまり肌の黒くなりやすさはどんなもんか)

 

では、ここで確認された結果を見てみましょうー。

 

  • ザクロ果汁と抽出物を12週間ほど摂取すると、MEDが8〜10%上昇。紫外線に対する皮膚の回復力が高まった
  • メラニン産生には統計的に有意な影響は認められなかった
  • 肌のバクテリアにも良い影響が出るっぽいが、大騒ぎするほどの変化ではない

 

というわけで、基本的には良い結果が出てるわけですが、個人的な印象としましては、

 

  • MEDが8〜9%上昇って数値は、そこまでたいしたもんでもない
  • 論文の事前登録(R)では「ザクロの抗炎症効果を調べるよ!」って話だったのが、出版された時点では紫外線ダメージの話に変わっているのが、なんとなく怪しい

 

みたいな問題点もありまして、「やっぱザクロは体にいいんだろうなー」とは思いつつも、激しく推奨するまでにはいたらない感じではあります。

 

 

ちなみに、紫外線ダメージに良い食べ物については、2008年のデータ(R)がおもしろい結果を出してて、「高フラバノールのチョコレートを食べ続けたら12週間でMEDが倍増した!」などと報告しております。これを見る限り、紫外線対策を狙うならまずはザクロよりもダークチョコレートが先でしょうな。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item