Loading...

筋トレ中に音楽を聞くと男性ホルモンが下がっちゃう問題(ただし男性のみ)

60346835 

音楽は男性ホルモンを下げる!」って論文(1)がおもしろかったんでメモ。

 

 

音楽はテストステロンレベルを下げる(ただし男性のみ)

これは奈良教育大学の実験で、70名の参加者に様々なタイプの音楽を30分ほど聞いてもらったんですね。そのうえで全員の唾液から男性ホルモン(テストステロン)の量を測定したところ、男性は全体的に数値が下がっていたんだそうな。

 

 

ご存じのとおりテストステロンは筋肉の発達に欠かせないホルモンで、こいつが足りないとメンタルの悪化や慢性疲労が起きたりしちゃう。筋トレ中に音楽を聞く方には気になる話ですねぇ。

 

 

実験で使われた音楽ををテストステロンの数値が下がった順に並べると、

 

  1. 自分の好きな曲
  2. ポピュラー音楽
  3. ジャズ
  4. モーツァルト
  5. グレゴリオ聖歌

 

といった感じ。好きな曲を聞くほどテストステロンが下がっちゃうんですね。

 

 

 



女性は音楽でテストステロンが上がる

いっぽうで女性の場合は全員テストステロンの数値が上がったそうで、これまたおもしろい結果。テストステロンの数値が上がった順に並べると、

 

  1. ジャズ
  2. 自分の好きな曲
  3. モーツァルト
  4. ポピュラー音楽
  5. グレゴリオ聖歌

 

といった感じ。男性とは真逆の結果でして、要するに音楽は人間を中性化させるってことみたい。うーん、おもしろい。

 

 

この結果を単純にトレーニングに応用するなら、

 

  • 男性は筋トレ中に音楽を聞かないほうがいい(聞くならグレゴリオ聖歌)
  • 女性は筋トレ中に音楽を聞いたほうがいい(特にジャズ)

 

って話になるんでしょうが、筋トレ中にグレゴリオ聖歌を聞きたい人は少ないでしょうな(笑)

 

 

まぁ音楽には他にもいろんな効果がありまして、

 

  • 筋肉を分解するストレスホルモンの分泌を下げる(2,3)
  • 音楽は退屈なくり返し作業の効率を高める(4)
  • 認知機能や生産性を高める(5)

 

ってメリットもデカいですからね。ストレスホルモンの減少や気分を高める効果が、テストステロンの減少作用を補ってくれるんのではないかと。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。