Loading...

「ダイエット飲料 VS. 水」勝つのはどっちだ?という研究

Water 

 

 ダイエット飲料と水はどっちが痩せやすい?

ダイエット飲料と水で競ったらどっちが優秀?」って問題について調べた論文(1)がおもしろかったんでメモ。

 

 

これはノッティンガム大学の研究で、肥満に悩む62人の女性を対象にしたもの。参加者の年齢は18〜50才だったそうな。

 

 



昼食後に250mlのダイエット飲料または水を飲む

実験では、全体を以下の2つに分類。

 

  • ダイエット飲料グループ:昼食後に250mlのダイエット飲料を飲む(具体的な商品名は不明)
  • 水グループ:昼食後に250mlの水を飲む

 

期間は24週で、だいたいその間に7〜10%の体重減少ができるようにカロリーを調整しております。3大栄養素のバランスは、糖質60%、脂質23%、タンパク質17%ってことで、わりと高糖質ぎみ。

 

 

また、参加者には運動量を増やすように指導もされまして、だいたい週5のペースで1日60分の有酸素系エクササイズが指示された、とのこと。

 

 

水のほうがダイエット効果が高い!

そのうえで、体重、インスリン、血糖値、血中脂質などを計測したところ、

 

 

結果1.体重の減少については水の勝ちだった

水グループのほうが、ダイエット飲料グループより13.6%ほど多く体重が減っておりました(-8.8kg vs. -7.6kg)。BMIで言うと、水グループが-3.4ポイントだったのに対し、ダイエット飲料グループは-2.9ポイント。

 

 

24週間で1.2kgの差ってのはさほど劇的でもないですけど、それなりにハッキリした違いではありますね。ただ、この問題については過去のデータと食い違いがありまして、たとえば2012年の似たような実験(2)だと、「水とダイエット飲料でダイエット効果に差はなし!」って結論も出てますんでご注意ください。

 

 

その理由はよくわからんのですけど、ダイエット飲料の違い、または参加者がどこまで実験の指示を守ったかの違いなのかも。あと大きそうなのは、今回の実験は「カロリー制限をしつつダイエット飲料と水の違いをくらべた」ってとこが肝なんで、そのへんが影響してるかも(カロリー制限中での影響をくらべた実験はほかにない)。

 

 

結果2.血糖値についても水の勝ちだった

水グループのほうが、食事から2時間後のインスリンレベルと血糖値で良い数値が出ております。具体的には75gの糖質を食べたあと、

 

  • 水グループ:インスリンが2.84低下、血糖値が1.02低下
  • ダイエット飲料グループ:インスリンが1.78低下、血糖値が0.72低下

 

 って感じ。これまた劇的な差ではないものの、よい印象ですねー。ちなみに水グループのほうがインスリン抵抗性も改善幅が大きかったものの、空腹時血糖値には両グループで差はなかったとのこと。

 

 

結果3.脂質には違いが出なかった

両グループとも同じぐらい総コレステロールが下がり、悪玉・善玉ともに数値がよくなり、中性脂肪も同じぐらい改善しております。一般的に体重が減れば脂質まわりは改善しますんで、水とダイエット飲料は、とくにそのへんには影響がないってことなんでしょうな。

 

 

まとめ

ってことで、ダイエット中における水とダイエット飲料の差についてまとめてみました。この実験は具体的にどんな人工甘味料を使ったのか?とかがまったくわからないのが難点ではありますが、

 

  • とりあえずダイエット中は水にしとけ!

 

とは言ってよさげ。水のほうが体重が減るっぽいし、血糖コントロールにも効きそうなんで。

 

 

ちなみに、過去のデータでも「水を1日990ml飲むと余分なカロリーが減らせるかも」って観察研究があったり、「水を飲むだけで注意力があがった!」なんて話も出てますんで、とりあえずダイエット中じゃなくても水は飲んどいて損なしじゃないでしょうか。

 ll.


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item