Loading...

ビタミンDのサプリでヒドい喘息の悪化リスクがグンと減るそうだ

Cough 

  

ビタミンDで喘息の悪化が改善?

当ブログでは長らくビタミンDのサプリを推しております。ビタミンDは免疫系メンタルの働きに関係してるのはもちろん、現代人は絶対的に体内量が不足してる傾向があるんで、特にインドアワーカーの方は意識して補充しとくと吉。

 

 

といったところで新しく出た論文(1)では「ビタミンDで喘息が改善!」って結果が出てまして、私のようにアレルギー症状で咳喘息っぽい症状が出ちゃうような人にはありがたい話になっております。

 

 

 

 

 



 

ビタミンDで喘息の悪化リスクが26%減

これはロンドン大学の研究で、過去に行われた「ビタミンDと喘息」の研究からRCTのデザインがいい978人分のデータを抜き出してまとめたもの。みんな大好きメタ分析になっていて、わりと信頼度は高め。

 

 

ビタミンDの摂取量は実験ごとにバラバラで、1日500〜2,000IUのものから、2ヵ月おきに1回だけ100,000IUを注するようなものまでさまざま。実験期間はだいたい15週間から1年の幅に広がっております。

 

 

そのうえで、参加者の年齢、性別、人種、BMIといった要素を調整して何がわかったかと言いますと、

 

  • ビタミンDサプリは、喘息の悪化リスクを26%減らすことができる
  • とくに目立った副作用は見られず、血中のカルシウム濃度の上昇や腎結石も認められなかった

 

というわけで、なかなかよろしい結果ですねー。喘息ってヘタすりゃ命に関わる問題なんで、これだけリスクが下がるのはありがたい話ではないかと。

 

 

まー、もちろんすべてのサプリに言えることですが、この実験は、あくまでもビタミンDのベースラインが不足ぎみな人にしか効果が出てないので、そのへんはご注意ください。十分な量を超えてビタミンDを飲んだとしても、それ以上は症状がよくなったりはしませんので。

 

 

まとめ

研究者いわく、

 

ビタミンDのサプリは、ステロイド治療が必要なレベルの喘息が、悪化するレートを減らすことができる。

 

 ってことなんで、お悩みの方は試す価値がありそうであります。

 

 

まぁ今回のデータはメタ分析としてはサンプル数が少ないので、今後の進展によって結論が覆る可能性はなきにしもあらず。そのへんをふまえたうえで、だいたい1日4,000IUぐらいをめどに補充していけばよろしいのではないでしょうか(10才以下の子供の場合は1日50mcg以上を摂らないように注意)。

 

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

ABOUT

自分の写真

42才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。「パレオダイエットの教科書」と「服用危険」って本が発売中です。