search

新型コロナのワクチンを打つなんてとんでもない!という人たちはどんな人なの?


  

「新型コロナのワクチン怖い!」「ワクチンいやだ!」みたいな意見は、ネットなどでたまに見かけるわけです。シンプルに副反応を嫌がるケースから、「マイクロチップが!」みたいな陰謀論を恐れるケースまで、ワクチンを怖がる理由はさまざまですが、これはどういう現象なんだべなーと思う方も少なくないでしょう。

 

 

もちろん、新型コロナに関する反ワクチンは新しい現象なんで、ちゃんとした研究があるわけじゃないものの、クイーンズランド大学などの2018年研究(R)は、「反ワクチン運動をする人はどんな人?」といった問題を調べてくれてて勉強になりました。

 

 

まずは、ざっくりとチームの問題意識をまとめると、こんな感じになります。

 

ここ数十年の間に予防接種の反対運動が強まったことで、一部の伝染病の発生率がかつてないほど上昇している。しかし、多くの介入プログラムは、ワクチン接種に懐疑的な人々には証拠にアクセスしたり理解したりする能力がないという前提で組み立てられている。

 

反ワクチンというと、ついつい「正しい知識さえ伝えればOKでしょ!」と思いがちなんだけど、実際にはそういうやり方は効果が低くて当てにならないんだ、と。この指摘は、反ワクチンな人と話をした経験があれば、飲み込みやすいところじゃないでしょうか。

 

 

そこでチームがどんな調査をしたかと言いますと、

 

  1. 世界24カ国と香港から5,323名の男女に協力を依頼する

  2. みんなに調査票を送り、全員の反ワクチン接種に対する態度を測定

  3. 反ワクチンの人に特有の心理を抽出する

 

みたいになってます。かなり幅広い地域から情報を集めていて、その点とてもよろしいですね〜。

 

 

でもって、調査の結果、チームは「反ワクチンには4つのモチベーションがある!」って傾向を導き出してまして、おおよそこんな感じになります。

 

 

モチベーション1 陰謀論的な考え方

「悪意を持った影のネットワークが、ワクチンで私たちを操ろうとしている!」みたいな世界観ですね。この傾向が強い人は、「新世界秩序と呼ばれる秘密結社が世界の支配を狙っている」や「ダイアナ妃の死は事故ではなく組織的な暗殺だ」みたいな文章に賛成する確率が高かったそうな。チームいわく、こうした考え方は科学への不信と大きく関連しているそうで、そうでしょうなーって感じですね。

 

 

モチベーション2 嫌悪感

反ワクチンな人の中には、シンプルに「痛いのが嫌!」とか「針が嫌い!」って理由を持ってる人も多いらしい。ただし、それを知られたくないあまりに「科学の弊害が!」ってストーリーに飛びつき、強硬な姿勢を取ってしまうんだそうな。これは意外と見分けにくいポイントかもしれないですね。

 

 

モチベーション3 リアクタンス

リアクタンスってのは「目立ちたい!」って理由を元に反ワクチンに走るパターンで、いわゆる逆張りで注目を集めたいタイプですね。流行に逆らいたい気持ちを自分のアイデンティティの一部にしているので、「世間のコンセンサスに懐疑的な俺カッコイイ!」ってとこから思考が動かないんだそうな。

 

 

モチベーション4 個人主義

「自分のことは自分で決めるのが当然!」「政府は我々の日常生活に干渉しすぎている!」といった思考が強すぎるあまり、反ワクチンに走ってしまうパターン。反権力とか個人的な思考が行きすぎた結果、ワクチンを社会からの強制だと受け取ってしまうわけですね。言われてみればありますな……。 

 

 

というわけで、以上のパターンにハマっている相手には、いくら正しいデータを持ち出したところで無駄。ワクチンを接種しないリスクを伝え続けたところで、かえってワクチンへの抵抗感を高めてしまうだけらしい。確かに、目立ちたいだけの人にデータを示しても無駄ですわな。

 

 

以上の知見をふくめて現実に応用するならば、

 

  1. まずは「反ワクチンの人はどのモチベーションに当てはまるのだろう?」と考えてみる

  2. そのモチベーションに適した説得の方法を探す(例えば、相手がシンプルに注射が嫌な人の場合は、「注射2本打と何週間も人工呼吸器が必要な状態とどちらがいい?」と聞いてみるとか)

 

みたいになるでしょう。お困りの方は参考にどうぞ〜。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item