Loading...

痩せたいならまずは「NEAT」を増やす!運動はそれからだ!

NEAT

「運動だけでは痩せない!」はいまや常識。有酸素運動にせよ筋トレにせよ、なにせ消費カロリーが少ないもんですから、「エクササイズさえすればOK」って話にならないのは当然であります。実際、アメリカの健康調査(1)なんかをみると、現代人は50年前よりもエクササイズの量が増えてるみたいだし。



 

 




と、ここで超大事になってくるのが「NEAT」(ニート)の考え方です。もちろん仕事をしてない若者を指す「ニート(NEET)」ではなく、「非運動性活動熱産生(Non-Exercise Activity Thermogenesis)」の頭文字であります。


といっても難しい理論ではなく、要は「普通に暮らしてて消費されるカロリー」ぐらいの意味。ジムでバーベルを上げたり、トレッドミルで走ったり、エアロビのクラスなどで使われるエネルギーではなく、あくまで掃除・洗濯・買い物といった普段の活動で消費するカロリーを指しております。とにかく日中の活動全般をふくんだ考え方なので、ガムを噛んだり、貧乏ゆすりをしたり、キーボードを打つ際の消費カロリーもふくまれるのが面白いところ。


つまりは「もっと日常的に体を動かそう!」って当たり前の話なんですが、そのインパクトは想像以上にデカいものがあるんですな。


NEATのエキスパートであるジェームズ・レビン博士によれば、

 

現代人の肥満と健康状態の悪化は、インターネットを中心とした現代生活が、私たちから少しずつNEATを奪ったのが原因だ。この損失は、1日に1,500〜2,000kcalのレベルにまで達している。


とのこと(2)。どうやら日常のNEATが多い人は、運動をしなくても最大で2,000Kcalも消費してるらしい(基礎代謝はのぞく)。現代人の平均消費カロリーは、ジムで1時間ぐらいエクササイズをしてる人でも平均で1,300〜1,500kcalぐらいですから、これがいかにハンパない数字かがわかります。


さらにレビン博士いわく、

 

わたしはヒトの活動や肥満を20年にわたって研究してきた。その結果として言えるのは、現代人の暮らしとダイエットの考え方が根本的に間違っているということだ。50年前にジムなどなく、当時の人々はめったに「エクササイズ」をしなかった。それでも肥満に悩む人のほうが珍しい状態だった。かつての人々は、意識せずに体を動かすことで、努力せずに体重をコントロールしていたからだ


とのこと。当然ながら、狩猟採集民たちだってエクササイズなんかしてないわけで、「運動をしなくちゃ…」とかあせる前に、いかに日常の活動量を増やすかを考えた方がよさげであります。


さらに深い話については、レビン博士の「Move a Little, Lose a Lot(少し動いていっぱい痩せる)」(2)を読んでいだくのがベストですが、ざっくりしたNEAT対策としましては、

 


といったあたりが基本になるかと思います。個人的にもトレッドミルデスクは非常に欲しいんですが、あまりにも高価なので手が出せないでおります。海外には安いルームランナーでトレッドミルを自作した人もいらっしゃいまして(3)、わたしも試してみようかなーとか思ってるわけですが。

 

  


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。