Loading...

牛乳でがんになるってホント?#3 男性編

Milkman

 

基礎編女性編と見てきた「牛乳はがんになるのか?」シリーズ、今回は男性編です。

 

 

#1 前立腺がんと牛乳

牛乳を飲むと前立腺がんになる!」って話もよく聞くところ。牛乳タンパク質には、がんの成長を促進する成分(IGF-1)を分泌させる働きがあるんだって説ですね。

 

 

IGF-1は成長ホルモンの働きに関わってるんで、こいつが無いと細胞の代謝や筋肉の成長が止まっちゃう。その意味ではアンチエイジングに欠かせない要素なんですが、細胞の活動を刺激する作用が大きいため、がん細胞の成長を促進するかもしんないんですね。悩ましいですなぁ。

 

 

で、前立腺がんに関しては、牛乳はかなりクロです。 

 

  • 3,612名の男性を10年にわたって追跡調査したところ、週に21杯の牛乳を飲む人は、週5杯の牛乳を飲む人よりも前立腺がんの発症リスクが2.2倍になった。(2005年,1)
  • 13件の症例研究をメタ解析したところ、牛乳を飲む量が多い人は前立腺がんリスクが1.68倍になった。(2007年,2)
  • 32件の観察研究をメタ解析したところ、牛乳を1日に200gの牛乳を飲む人は前立腺がんの確率が上がった。(2015年,3)

 

って感じで、信頼性の高い研究のほとんどが「牛乳は前立腺リスクを高める!」って結論になってるんですね。

 

 

しかも、2007年にアイスランドで行われた研究(4)だと、10代のころに牛乳をよく飲んでいた人は、大人になってから前立腺がんにかかる確率が3.2倍になるとか。小学生のころに大量の牛乳を飲んでたわたしは涙目です。今後は気をつけないと…。

 



 

こういった影響が出る理由としては、

 

  • カルシウム:昔からカルシウムと前立腺がんを結びつけた研究は多め(5)。ただし否定意見も多い。
  • IGF-1:成長ホルモンに関わる物質で、いまのところ一番有力な説。ただし「IGF-1が増えてがんになるんじゃなくて、がんのせいでIGF-1が増えるんじゃない?」って説(6,7)もあったり。
  • エストロゲン:一部の研究者からは「女性ホルモンこそがんの原因!」って説も(8)。

 

あたりが有力視されております。といっても、それぞれに反対意見もあるんで、まだ確定じゃないのが難しいところ。なんせ牛乳は活性が高い成分が多い飲み物なんで、原因を特定するのが超難しいんですよね。

 

 

いずれにせよ、牛乳が前立腺がんの原因になる確率は高め。まだ「どれだけ飲むとヤバいの?」って疑問については明らかじゃありませんが、男性は1日に1杯ぐらいにしとくのが無難っぽい。

 

 

まとめ

そんなわけで、牛乳とがんの関係をまとめておくと、

 

  • 大腸がんには予防の効果がある
  • 胃がんも問題なし。予防の効果もややあり
  • 乳がんも問題なし。予防の効果もありそう
  • 子宮がんのリスクは高まる可能性あり
  • 前立腺がんのリスクには要注意

 

みたいな感じ。どうも牛乳にはがんを予防する成分と促進する成分の両方が入っていて、つねに綱引きをしてる状態のよなんですな。

 

 

このデータをもとに「もう牛乳は飲まない!」と判断するのもひとつの見識ではありましょう。もっとも、いっぽうでは乳製品にはメリットが多いのも確かなんで、完全に捨て去るのももったいないかも。なかでもヨーグルトは全体的にがんリスクが低めなんで、そんなに心配しなくてよいかと思われます。

 

 

乳製品が好きでしかたない人に関しては、野菜やフルーツをたくさん摂って、がんのリスクを低める対策をしとくのが基本でしょうねぇ。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

  1. こんにちは、質問させていただいたものです。公平でわかりやすい記事をありがとうございました。

    あれこれ判断に迷うことが多いですが、カロリス系の人たちの間ではほぼ常識になっている話題だったようです。「カロリスのブログ」さんの過去の記事を読むといろいろ記述があります。IGF-1を低いレベルに保つ生活が良いそうですが、怪我をしたときは乳製品を摂ってIGF-1を上げた方が回復が早いとか。サルコペニアを防ぐために65歳以上はタンパク質多めが良いとのこと。カロリスで問題になるのは骨粗鬆症や性ホルモン低下症だそうです。(なかなか難しいですね。)

    別のWebページですが、運動は筋トレ→有酸素ではなく有酸素→筋トレの順番の方が成長ホルモンのレベルが抑えられるのでベターという意見も。太く短くたくましく生きたい方は乳製品をたっぷり摂るのが良さそうですが、長く健康に若々しく生きたい人は「控えめ」がお薦めかもしれないです。

    返信削除
    返信
    1. カロリス系のサイトでは、確かにIGF-1が悪者になるケースが多いかもですね。ただIGF-1のメリットもあるんで、なかなか判断は難しところですよねぇ。

      削除
  2. 【最近のコホート研究では野菜や果物のがん予防効果が認められていない】

    のだそうです。 国立がんセンター「がん予防研究部 第一次予防研究部」の室長をされていた福田一典先生のブログの次のページを良く読んで見ると間違いなく事実であるようです。常識と思ってきたことが次々に否定されるのでショックを受けると同時に痛快ですらあります。

    304)野菜と果物は本当にがん予防効果があるのか?
    http://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic/e/c60a67420bf79a92f1dbfca14d06e3ac

    不勉強だと昔の誤った常識から抜け出せないで誤った判断をしそうです。無知は罪なのかな(笑)

    返信削除
    返信
    1. どもども。福田先生のブログ読みましたが、なかなか言い切ってますねー。昔ほど野菜のガン予防効果が認められなくなったのは確かですが、個人的には「効果がない」とまで言い切るのは勇気が入りますね(笑)

      削除

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

40才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。あまりに不摂生な暮らしのせいで体を壊し、一念発起で13キロのダイエットに成功。その勢いでアンチエイジングにのめり込む。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS