Loading...

本当に筋肉が鍛えられるのはどれ?ジムで使う価値があるマシン6選

Personal Training

 

 ジムに行くといろんな筋トレマシンがあって、どれを使えばいいのかよくわからなかったりします。わたしは近ごろフリーウェイトがメインなんですが、やはり筋トレビギナーにはマシンのほうが安全だし、基礎体力をつけるには最適でありましょう。

 

 

そんなわけで、ジムのマシンで本当に使う価値があるものを6つ選んでみました。ネタ元は「ベストな筋トレは何なのか?」シリーズで、各筋肉への刺激度が高かったものだけをチョイスしております。マシン選びでお困りの方は参考にしてくださいな。

 

 



 

ケーブルクロス

Cablecross

 

効くパーツ:胸(大胸筋)

 

推す理由:ベンチプレスには劣るものの、大胸筋の刺激度はかなり高い。といっても初心者だと安定性が悪くてふらついちゃうかもなんで、そんなときはバタフライマシンを使うのもあり。

 

 

ラットプルダウン 

Latpulldown


効くパーツ:背中(広背筋)

 

推す理由:とにかく後背筋によく効く。バーの握り方によって効果が変わってくるので、具体的には「背中の筋肉を鍛える最強のトレーニングとは?」を参照されたし。ただし、僧帽筋も鍛えるにはマシンリバースフライと併用したいところ。

 

 

カールバイセップスバー 

Carlbiceps


効くパーツ:力こぶ(バイセップス)

 

推す理由:バイセップスの刺激レベルについては定評が高い。ダンベルのほうが効率はよいものの、初心者は重りを振り回しがちなんで、まずはこいつで動きに慣れたほうがいいかも。

 

 

ハックスクワット

Hack

 

効くパーツ:太もも、尻

 

推す理由:太もも全体と尻への効果が大。ただし、なかなか置いてあるジムが少ないので、レッグプレスで代用してもOK。効果は落ちるものの、似たような刺激が得られる。

 

 

ハンギングレッグレイズ

ハンギングレッグレイズ

 

効くパーツ:腹筋、コアマッスル全般、尻

 

推す理由:研究により、ハンギングレッグレイズは腹部と脇腹にまんべんなく効くことがわかっている。腹と脇腹をまとめて鍛えられるマシンは以外と少ない。

 

 

マシンリバースフライ

Shoulder

 

効くパーツ:肩、背中

 

推す理由:肩の側面と後部への刺激が大きく、背中の僧帽筋にもよく効くことがわかっている。ただし置いてあるジムが少ないのがネック。肩前部には効かないので、オーバーヘッドプレスとの併用が必須。

 

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。