Loading...

フルーツの糖質はお米の糖質より老けやすいのか?

Sugar 2

 

果糖で体が老けるって本当?

昔から「果糖はブドウ糖よりヤバい!」 って話があるんですよ。フルーツにふくまれる果糖は、ブドウ糖よりもカラダへのダメージが大きく、肥満や病気の原因になりやすいんだって説であります。

 

 

こないだやってた映画「あまくない砂糖の話」でも「果糖がヤバい!」って主張が展開されてまして、

 

  1. 果糖は肝臓にダイレクトに作用する
  2. 肝臓へのダメージが大きく脂肪肝の原因に
  3. 健康が悪化!

 

といった説明がされておりました。確かに、果糖で慢性炎症が起きるかも?ってデータ(1)はいろいろありまして、この主張にも一理があるところ。これが事実であれば、フルーツのドカ食いもヤバいってことになっちゃうので、果物好きのわたしとしては悩ましいところです。

 

 

といったところで、新たに「果糖を大量に飲んだら体は老化するの?」を調べてくれた論文(2)が出まして、かなーり参考になります。

 

 



 

果糖とブドウ糖で老化の違いをチェック

これは24名の男女を対象にした実験で、みんなに果糖を飲んでもらって、どんだけ体が老けていくかどうかを調べたんですね。いままでの果糖の研究は、マウス実験がメインだったり、炎症レベル(老化のサイン)については調べてくれなかったんで、かなり貴重なデータかと思われます。

 

 

で、実験では、参加者に以下の3パターンでドリンクを飲んでもらったんですね。

 

  1. 1日の摂取カロリーの25%を果糖にする
  2. 1日の摂取カロリーの25%を果糖ぶどう糖液糖にする
  3. 1日の摂取カロリーの25%をぶどう糖にする

 

実験の期間は、それぞれ8日ずつ。摂取するカロリーは、1日に必要なカロリーの150%に統一したそうな。あえてオーバーカロリーにして、どんだけダメージが出るかを見たわけですね。

 

 

果糖とブドウ糖に違いはなかった

そのうえで、いろんな炎症マーカーをチェックしたところ、

 

  • みんなの炎症レベルはまったく同じ!(CPRとかIL-6とか)
  • リーキーガットのレベルも変わらず!
  • 脂肪の炎症(特に老化と関連が深い)も同じ!
  • みんな同じように太った!(ただし、やや果糖のほうが肝臓の脂肪は増えた)

 

みたいな感じ。やはり果糖のほうが肝臓への影響はデカいものの、全体的にみれば、果糖のほうが老けやすいってことはなかったみたい。やっぱマウス実験とは違うもんですなぁ。

 

 

もちろん、この実験でも果糖のとりすぎで肝脂肪は増えているんで、すごく長期的にみればヤバいのかも?って可能性はあるかも。ただし、2014年のメタ分析(3)などを見ますと、「いくら砂糖や果糖をとりすぎようが、最終的にはカロリーが増えすぎない限りはダメージは少ない」って結果ですんで、結局はカロリーの問題なんだろうなぁと思うわけです。

 

 

結局、最終的にはカロリーが一番大事

以上の話をまとめると、

 

  • 果糖もブドウ糖も、老化ダメージにはほぼ差はなさそう
  • 結局、カロリーを取りすぎない限り、果糖が体に悪さをする可能性は低め

 

みたいな感じです。要するに、カロリーオーバーにならない限りは、そこまで「お菓子を食べたら老けるんじゃないか…」と心配しなくてもいいんじゃない?って話ですね(もちろん栄養バランスの問題はありますが)。どうぞよしなに。

 

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

  1. 甘いものの摂取量を減らすことは、砂糖の摂取量を減らすだけでなくオメガ6やトランス脂肪酸の摂取量を減らすことにもつながる、という点は大きいと思うんですが、どうなんでしょうかね。

    返信削除
  2. 終末糖化産物って言われるので、カロリーの内容も大事かと。

    返信削除

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

40才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。あまりに不摂生な暮らしのせいで体を壊し、一念発起で13キロのダイエットに成功。その勢いでアンチエイジングにのめり込む。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS