Loading...

理想の健康を達成するには「食事・睡眠・運動」のどれを優先すべきか問題

Aging

 

アンチエイジングに必須な5つの要素の優先順位

「痩せたい!」とか「健康になりたい!」とか「若返りたい!」といった相談をよく受けるわけですが、そこでありがちなのが、まずエクササイズから始めちゃうパターンであります。「どれぐらい走ればいいですか?」みたいに、最初から運動が前提の質問をされたりとか。

 

 

そのお気持ちはよくわかるものの、健康やアンチエイジングのために、まずエクササイズから改善していくのは得策ではないように思います。もちろん運動は大事ではあるものの、実際にカラダへ与えるインパクトでいえば、優先順位は意外と下だったりします。

 

 

具体的に、アンチエイジングに必須の要素を、重要度の順にランク付けしてみると、以下のような感じ。

 

  1. 食事
  2. 睡眠
  3. ストレス対策
  4. NEAT(日常の活動量)
  5. エクササイズ

 

このなかだと、やっぱエクササイズは一番下。というか、日常の活動量さえ増やしておけば(エレベーターの代わりに階段を使うとか)、極端な話、わざわざエクササイズをする必要もないとすら思っております。

 

 

まぁ以上のランクは、あくまでわたしの個人的な判断でして、そこまで明確なデータがあるわけじゃございません。ただし、いろんな論文を見るにつけ、食事と睡眠のほうがカラダへの影響度が大きいのは間違いなさそうだなーと思う次第です。

 

 



 

アンチエイジング5要素のポイント

というわけで、ざっくり5つの要素のポイントを見ていきましょう。

 

 

優先度1位.食事

健康とアンチエイジングにおいては、なによりも食事が大事なのは間違いないところ。栄養状態が悪ければ、いくら寝ても運動をしてもムダであります。

 

 

そもそも運動で体型を改善するのは難しいのは有名な話ですし、エクササイズをせずに食事を変えただけでも、大きく健康状態が改善していくってデータは多めであります。食事の改善法としては、「パレオダイエット」でも「地中海式ダイエット」でも「カロリーの質」でもなんでも、自分の好みにあったテクニックをお選びください。

 

 

また、近ごろは、「なんか体調が改善しない」とか「体型が変わらない」といった相談を受けた場合は、「もっとエクササイズの量を減らしてみたらどうすか?」と提案してみるケースも多め。その結果として、自然と食事の量が適正レベルに落ち着いて、一気に見た目が改善していくことがあるんですよね。特に女性に多い現象のような気がします。

 

 

もともと、当ブログを読んでくださるような方は、食事には気を配っていることが多め。それなのに、運動のしすぎのせいでストレスが過多になり、食欲が暴走しちゃってるケースをよく見かけます。心当たりのある方は、まず2週間ぐらいエクササイズの量を減らしてみたらいいかもしれません。

  

 

優先度2位.睡眠

2番めに大事なのは睡眠。わたしの経験則になっちゃいますが、運動不足よりも睡眠不足のほうが深刻かと思われます。

 

 

第一に、睡眠不足が肥満の原因になるのは有名な話。たった1日の寝不足でも体内のホルモンバランスは大きく変わりまして、やたらお菓子や油ものが食べたくなっていくんですね。

 

 

なんせ、睡眠不足は人間のとって生存の危機ですから、手ごろでハイカロリーなものを食べるように、脳から司令が出るんですな。この司令には意志の力じゃ抵抗できないんで、しっかり眠るしか手はありません。その他、睡眠不足のデメリットについては、以下のエントリをどうぞ。

 

 

 また、睡眠を改善したい方は、以下を参考にどうぞ。

 

 

  

優先度3位.ストレス対策

3番めに大事なのがストレス対策。なんせ、ストレスが多いと睡眠不足になるし、食べ過ぎにもつながっちゃいますからね。そのへんの仕組みに興味のある方は、以下のエントリをどうぞ。

 

 

 また、当然ながらエクササイズもストレス源の一種ですんで、やり過ぎは禁物。運動はストレスに強い精神を作ってくれますが、仕事やプライベートでストレスが最高潮のときにエクササイズをすると、たんにカラダが老けていく可能性もありますんで。

 

 

ストレス対策については、以下にいろいろまとめてますんでご参照ください。

 

 

 

優先度4位.NEAT(日常の活動量)

4番めに大事なのがNEAT(日常の活動量)であります。「NEATってなに?」という方は、以下のエントリを推奨。

 

 

 要するに、掃除とか洗濯とか通勤とか、普通の活動でエネルギーを使おう!って話ですね。そのインパクトは想像以上に大きくて、以前にも「NEATを増やすと週3のジム通いと同じダイエット効果」なんてデータが出てたりします。

 

 

というか、いろんな人の話を聞いてて思うのは、「週に4〜5日はエクササイズをしてます!」と言ってても、実際は運動不足になってるケースが多いなーってことです。

 

 

それもそのはずで、いくら週5でエクササイズをしようが、デスクワークで1日に6〜8時間も座っていたら元の木阿弥(完全にムダにはなりませんが)。ランニングや筋トレもいいですが、まずはNEATを増やすのが先決であります。

 

 

優先度5位.エクササイズ

最後に大事なのがエクササイズ。うえの4つ(特に食事と睡眠)にくらべると、有酸素運動や筋トレの優先順位はかなり下と思っといたほうがいいかと。

 

 

実際のところ、過去の長寿研究なんかを見ても、意識してランニングや筋トレをしているご老人はかなりの少数派。ちゃんと栄養を取って、夜中はグッスリ眠り、日常的によく歩いていれば、理想的な健康の9割は達成できてしまう印象であります。

 

 

 まとめ

そんなわけで、アンチエイジングを達成するには、食事→睡眠→ストレス→NEAT→運動の順に改善していくのがいいよーって話でした。どんなことでも、全体への影響度が大きいものから片付けていくのが基本ですんで、迷ったときは参考にしてみてくださいな。

 

 

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS