Loading...

1日5杯までのコーヒーで寿命が延びる。自殺も減る

Caffein  

コーヒーと健康に関する最大級の調査

日ごろから、コーヒーの素晴らしさを称えるネタが多い当ブログ。近ごろ見たデータ(1)では、さらに「コーヒーすごい!超健康にいい!」って結論が出ててテンションが上がりました(笑)

 

 

これはハーバード大の研究で、イギリスの国民保健サービスの統計を使ったもの。208,501人の男女を30年にわたって追いかけた膨大なデータでして、これまでに行われたコーヒー研究のなかでも最大級かと思います。

 

 



コーヒーで早死にの確率が下がる

このデータから、全員の普段のコーヒー摂取量を抜き出したうえで、タバコや酒、運動量といった要素をコントロールしていったところ、

 

  • 1日1〜5杯のコーヒーで、早期死亡率がハッキリと下がる
  • コーヒーは、以下の病気による死亡率を下げる
    • 糖尿病
    • 心疾患
    • 神経変性疾患(アルツハイマーとかパーキンソン病とかALSとか)
    • 自殺

 

みたいな感じ。コーヒーで「自殺」のリスクまで下がるってのが興味深いですねー。どうやら、コーヒーは神経のダメージにも効くようなんで、メンタルの健康にもいいのかもしれませんな。

 

 

カフェインレスのコーヒーでもOK

研究者いわく、

 

コーヒーにふくまれる生理活性物質には、インスリン抵抗性を改善し、全身の炎症を食い止める効果がある。こういった作用が、コーヒーで寿命が延びる原因になっているのだろう。

 

とのこと。まだ具体的にどの成分が効いてるかはハッキリしないものの、とにかくコーヒー中の化学物質が体にいいのは明らかみたいですね。

 

 

ちなみに、以上の効果はカフェイン抜きのコーヒーでも得られるんだとか。カフェインの効果ってわけじゃないんですねぇ。

 

毎日のコーヒー習慣は、健康的でバランスのよい食事の一部になり得る。とはいえ、妊娠中の女性や子供などは、カフェインの摂り過ぎには注意すべきだろう。

 

ってことなんで、カフェインが苦手な方は、デカフェのコーヒーを飲めばよさげ。やっぱコーヒーは健康飲料なんですなぁ。

 

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

  1. こんにちは。いつも楽しく読ませてもらっています。
    インスタントコーヒーでもメリットは得られますでしょうか・・・?

    返信削除
  2. コーヒーを飲まない人というのは多くの場合コーヒーを飲めない人です。
    私もかつてはコーヒー好きでがぶがぶ飲んでましたが、
    薬物中毒と電機事故のダブルパンチで脳幹界隈を傷めるとともに全身衰弱して一気に30歳分ぐらい老け込んでしまって以来、コーヒーを飲めなくなりました。飲むと恐ろしい中枢神経症状がいろいろと起きて本当に死にそうになります。これはデカフェでも同じかつ紅茶や緑茶やユンケルでは全く起きない症状なので、たぶんカフェインのせいではないと思います。こんな虚弱な私はコーヒーを飲まなくても早死に、飲んだらもっと早死にするでしょう。

    つまりコーヒーをがぶがぶ飲んでもびくともしないぐらい強壮な人は長生きをし
    コーヒーを飲まない(飲めない)人には、生まれつきや事故や病気のせいで死に近い領域で生きいる人が多いので、
    コーヒーを飲まなくても早めに死んでしまうというだけではないでしょうか
    無理してコーヒーを飲んだらきっともっと早死にすると思います。

    コーヒーを飲めない人に無理やりコーヒーを飲ませ続けた場合と飲ませなかった場合の寿命の比較、それと
    禁コーヒーさせたコーヒージャンキーとさせないコーヒージャンキーの寿命の比較をして
    それでもやっぱりコーヒーを飲んでた方が長寿でしたという結果が出ない限り
    私はコーヒー善玉説を信じません

    返信削除

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS