このブログを検索

炭水化物を食べすぎないと死ぬリスクが上がり、炭水化物を食べすぎても死ぬリスクが上がる件


健康の世界では、「糖質は減らすほどよい!」って話がある一方で、「糖質を取らないと健康に悪い!」みたいな主張もあるわけです。私は後者の立場を取ってるわけですが、いまだにネット上では議論が多いテーマだと申せましょう。

 

 

というところで、近ごろ「炭水化物はどれぐらい食べるのが健康なのか?」って問題について、かなり良いデータ(R)が出てたので要点をチェックしておきましょう。

 

 

これは2種類の分析で構成された研究で、

 

  • 4つの地域で募集した45歳から64歳のアメリカ人男女15,428人を対象にした追跡調査を実施。みんなの食事を定期的に調べて、中央値で25年間の調査を行う。

 

  • 世界各地から43万人以上のデータを集めて、メタ分析を行う。

 

みたいになってます。

 

 

あくまで観察研究ではありますが、規模は大きいし、異なる民族の男女を含んでいるし、逆の因果関係があるかどうかも確認しているしで、私としてはかなり良い印象を受けました。似たような研究は山ほどあれど、なかでもかなり質が高い結論を出してくれてるんじゃないかと。

 

 

で、分析の結果はこんな感じになってます。

 

  • 約15,000人のアメリカ人を25年ほど追いかけた結果、炭水化物を食べる割合と死亡率の間にはU字型の関連があり、炭水化物を食べる量が総カロリーの50〜55%の場合に、死亡リスクが最も低くなることがわかった(平均48.9%)。

 

  • メタ分析でも同じような結果が得られてて、炭水化物をあまり食べない人(40%未満)と、炭水化物をたくさん食べる人摂取(70%以上)のどちらとも、ほどほどの炭水化物量と比べて死亡リスクが高かった(ハザード比:低摂取:1.20、高摂取:1.23)。

 

  • 炭水化物をあまり食べない人たちの平均寿命は79歳で、炭水化物をたくさん食べる人たちは82歳、ほどほどの炭水化物を食べる人たちは83歳だった。

 

ということで、現時点で最良のデータを見る限り、炭水化物は食べすぎても食べなさすぎても問題がありそうですね。糖質制限ダイエットとか短期的にはいいのかもですが、やっぱ長期で見ると難しいのかもっすな。

 

 

確かに、1日2000kcalを食べる人がいた場合、炭水化物からのカロリーが30%の食事は1日150gに相当し、そのうち糖類は50g程度に相当しますからね。これぐらいだと、相対的に野菜の摂取量が減るのは避けられず、 食物繊維の摂取量が減ってしまうのも当然でしょう。

 

 

そのせいで便秘は起きやすくなるだろうし、血中コレステロール値も低下するだろうし、腸内細菌にもダメージがあるだろうしで、そりゃあ死亡リスクが増えても当然な気がするわけです。

 

 

でもって、ほかにもこの調査には注目すべきポイントがありまして、

 

  • 炭水化物と死亡リスクの関係は、「どの食品から摂取するか?」によって異なっていた。基本的には、炭水化物を動物由来の脂肪またはタンパク質源(ラム、牛、豚、鶏など)に置き換えると、死亡率が高くなることが分かった[HR 1.18]。

 

  • 一方で、炭水化物を野菜やナッツ、豆類などの植物性タンパク質に置き換えた場合は、寿命が短くなるどころか長くなった。

 

みたいになってます。こうして見ると、低糖質ダイエットをするにしても、ブロッコリーや豆腐みたいな植物性のタンパク源を増やすなら問題はなさそうですね。

 

 

ちなみに、コーネル大学のチャールズ・マコーミック准教授いわく、

 

極端な食事は危険をともなう。

 

私はこの研究の効果の大きさに驚いた。加工肉や赤身の肉の摂取を減らすと、心臓病による死亡率が低下するという考えは、現在のところ多くの支持を集めている。

 

つまり、加工されていない炭水化物の適度な消費は、最も良い解決策である可能性が高い。加工されていない野菜をたくさん摂ることのメリットに反論できる証拠を提示できる人はいない。

 

とのこと。まぁー、「なにごともほどほどに」ってのはいろんなことに当てはまる法則ですけど、炭水化物の問題についても同じことが言えそうですね。

 

 

さらに、研究チームいわく、

 

炭水化物をタンパク質や脂肪に置き換える低炭水化物ダイエットは、健康や減量の方法として広く人気を集めている。

 

しかし、我々のデータは、動物由来の低炭水化物ダイエットは、全体的な寿命の短縮と関連している可能性があり、控えるべきであることを示唆している。

 

低炭水化物ダイエットを選択するのであれば、炭水化物をより多くの植物性脂肪やタンパク質に置き換えることが、長期的に健康な老化を促進するかもしれない。

 

とのこと。糖質制限というと、つい「肉は食べ放題だ!」とか「肉は食べても太らない!」みたいな話に向かいがちなんですけど、どうやらこれは死亡リスク増加につながっちゃうようであります。

 

 

ということで、いろいろ書いてきましたが、炭水化物は多すぎても少なすぎてもアレってことで、普通に野菜や根菜からガンガン摂取していただければと。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

search

ABOUT

自分の写真
1976年生まれ。サイエンスジャーナリストをたしなんでおります。主な著作は「最高の体調」「科学的な適職」「不老長寿メソッド」「無(最高の状態)」など。「パレオチャンネル」(https://ch.nicovideo.jp/paleo)「パレオな商品開発室」(http://cores-ec.site/paleo/)もやってます。さらに詳しいプロフィールは、以下のリンクからどうぞ。