Loading...

「自分のことなんて誰も見てないんだから気にするな」の科学

Eye

 

自分のことなんて誰も見てない問題

よく「自分のことなんて誰も見てないんだから気にするな!」ってアドバイスがあるわけです。自分で思うほど他人はあなたのことを気にしてないんだから、もっと自由に行動しなさいよ、みたいな話ですね。

 

  

その正しさは2000年のコーネル大学実験(1)でも認められてて、参加者たちに「変わった柄のTシャツ」を着て大学の授業に参加してもらったところ、

 

  • 参加者の50%が「まわりは自分のTシャツに気づくだろう」と思った
  • しかし、実際にTはシャツに気づいたのは20%だけだった

 

って差が出たんですね。これは「スポットライト効果」と呼ばれていて、追試でも同じ現象が確認されております。

 



実は他人は思うよりもこちらを見ている?

が、近ごろイエール大から出た論文(2)は、「他人は自分が思うより意外と見てるよ!」って結論になってておもしろいです。

 

 

これは6種類の実験をもとに、「透明マントバイアス」をチェックしたもの。要するに、「他人は自分を見てない」と思ってるときほど、実は周囲はこちらを観察しているぞ!って現象について調べたんですね。

 

 

たとえば、ある実験のデザインはこんな感じ。

 

  1. 実験室に参加者を集める
  2. 「研究者が遅れています」と伝えて、しばらく何もせずにほっとく
  3. あとで、参加者たちが互いにどれだけ周りを観察していたか聞く

 

みたいな感じ。参加者をフリーな空間に置いたとき、自意識の方向がどう変わるかをチェックしたわけですな。

 

 

さて、結果はと言いますと、

 

  • 参加者の大半が「自分は周囲からとくに観察されていない」と思っていた
  • ところが、実際には、みんな他人の服装、顔立ちなどを細かく見ていた

 

みたいな感じ。実は、自分が思うより他人はこちらを見ているんだ、と。

 

 

いまの心のあり方によって「見られてる感」が変わる

というと昔の実験と食い違うようですが、要するにこういうことです。

 

  • 自分に引け目がある状況(服にソースのシミがあったりとか)では、「他人に見られている!」と実際よりも思い込みがち
  • 自分がニュートラルな状況では、「他人から見られていない!」と実際よりも思い込みがち

 

人間は自分を中心に考える生き物なので、どうしても自意識のレベルが実態よりズレちゃうわけですね。わかるなぁ。

 

 

その点で、「自分のことなんて誰も見てないから気にするな!」ってアドバイスは正しくもあり、いっぽうで間違ってもいるわけですな。なんとも判断が難しいとこですが、

 

  • 他人はつねに自分のことを2割ぐらいはしっかり見ている
  • その割合は、いまの自分の心の有り様によって変わる(ような気がする)

 

ってとこを意識しとくといいかもですね。あくまで自意識レベルの問題なので、「脱フュージョン」みたいな手法が効くような気もしますが、そのあたりは不明。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。