Loading...

「字を見れば性格がわかる!」はどれぐらい本当か?

Writing

 

書いた文字で性格はわかるか?って問題に関するご質問をいただきました。

 

筆跡心理学はどう思われますか?文字の大きさで性格がわかるというようなやつです。フランスだと国家資格もあるようで、科学的にも根拠があるように言われてるようなのですが、気になります。

 

とのこと。確かにヨーロッパの一部では、筆跡学を就職試験に使うとこもあるそうで、気になっちゃうところですねー。

 

 

いちおうご説明しとくと、筆跡学ってのは、文字の大きさやトメハネなんかで性格がわかる!と主張する学問の一派です。日本でも「心理学で実証された!」みたいに紹介してる団体がいくつかありますね。

 

 

で、結論から行っちゃいますと、字を見てもその人の性格はわかりません。というのも、筆跡学については90年代にガッツリと調査が行われてまして、「まず疑似科学」って話になってるんですよ。

 

 

たとえば、代表的なのは1992年にクワントレン工科大学が出したレビュー論文(1)で、200件ちょっとの筆跡学のデータをまとめて大きな結論を出したもので、いまんとこ決定版といってよい内容じゃないでしょうか。

 

 

この論文では、すべてのデータをまとめて効果量を出しているのがポイント。つまり、本当に筆跡学に意味があるかをはっきりと数字で示したわけっすね。

 

 

その結論がどうだったかというと、

 

  • 筆跡学の効果量はゼロ!

 

だったそうな。簡単に言えば、その人の文字を見ても性格判断には役立たないってことです。すごくかわいい文字を書いてても残酷なサディストかもしれないし、きっちりした字を書いてても自宅はお部屋かもしんないしで、とにかく人間の性格は文字には反映されないって結論っすね。

 

 

さらに、この論文でおもしろいのは、

 

  • 「筆跡学で性格がわかる!」との結論を出したデータもあるが、そのすべては実験デザインが雑
  • なかには、筆跡学の学者が金を払ってジャーナルに掲載をお願いしていたケースも見つかった

 

ってのもわかってるとこですね。この手の話には良くあるケースですけども。

 

 

もうひとつ信頼性が高いデータを紹介しとくと、1982年には、「マネジャーの最も大切な仕事」で有名なテレサ・アマビール博士が200本のデータをメタ分析してくれております。その結果はやはり同じで、

 

  • 筆跡学はどのような性格テストの結果も予想できなかった

 

だったそうな。このメタ分析は、それから400超の文献にも引用されてまして、「字を見れば性格がわかる!」説はほぼ虫の息といった状態なんですな。

 

 

ってことで、いまんとこ筆跡学をまともに受けとめる学者はゼロでして、唯一「文字を見れば性別はわかるかなー」(だいたい60%ぐらいの確率)ってのが言われてるぐらいっすね。間に受けらせませんようにー。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

ABOUT

自分の写真

42才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。「最高の体調」と「パレオダイエットの教科書」って本が発売中です。