Loading...

今週末の小ネタ:2時間の睡眠不足と幸福、アレルギーを減らす食べ物?、悪態をつくと体の痛みが減る?

Summary

ひとつのエントリにするほどでもないけど、なんとなく興味深い論文を紹介するコーナーです。

 

 

たった2時間の睡眠不足でポジティブが減る

ほんの2時間の睡眠不足が喜びの感情を奪う!」みたいなデータ(R)がおもしろかったんでメモ。

 

 

これは52人を対象にした研究で、

 

  1. みんなの平均時間を測り、そこから2時間ほど短い睡眠時間で寝てもらう
  2. その後で参加者の感情をチェックする

 

みたいな内容になってます。強制的に軽い睡眠不足を起こさせて、どのような感情の変化が起きたのかをみたわけですね。睡眠不足が記憶や注意力に影響するのは有名ですけど、果たして感情にはどんな違いをもたらすのか?という。

 

 

そこでどんな変化が認められたかと言いますと、

 

ネガティブな感情に明確な違いは見つからなかったが、ポジティブな感情には顕著な違いが認められた。ポジティブな感情のスコアは、たった一晩睡眠を減らしただけで悪化し、三晩が過ぎた後にはさらに低下した。

 

だったそうです。2時間の睡眠不足でネガティブになることはなかったけど、喜びや充実感などの感情は感じられなくなるんじゃないか、と。確かに、睡眠が足りてないと頭がボーッとしてポジティブにはなれませんな。

 

 

研究チームいわく、

 

現代人が、いつもより遅い時間に眠ってしまうのは珍しい現象ではない。「このシリーズを見終えてから眠ろう」と思えば簡単に寝不足になってしまう。

 

もちろん睡眠時間そのものも重要だが、いつ寝るかもとても大事なファクターだ。不規則な睡眠パターンは、たんに睡眠時間が少なすぎる場合よりも、よりダメージを与える可能性がある。毎日の就寝と起床は同じ時間にするのがオススメだ。

 

もちろん、睡眠には個人差があるが、起きた時に機嫌が良くて元気があれば、その睡眠習慣はあなたに適していると言って良いだろう。

 

 とのことで、とにかく決まった睡眠パターンを守ろうぜ!というお話でした。

 

 

 

子供のアレルギーを減らす食べ物とは?

子供のアレルギーを減らす食べ物とは?」みたいなデータ(R)が出ておりました。私もながらく鼻炎に苦しんでいる身なので、ちょっと気になるところです。

 

 

これはコロンビアに住む6〜7歳の子ども3,209人を対象にした調査で、

 

  • 研究チームが選んだ12種類のグループを食べている回数
  • 湿疹、喘鳴、鼻炎の症状が出る度合い

 

ってのを調べて両者の相関をみたんだそうな。すると、

 

  • 新鮮な果物または豆類を週に3回以上食べると湿疹が軽い傾向がある(調整オッズ比は果物が0.64、豆が0.62)
  • ジャガイモを食べる子供は呼吸音の異常が少なかった(調整オッズ比0.445)
  • ファストフードを食べる子供は呼吸音の異常が多かった(調整オッズ比1.76)

 

だったそうな。まぁこれだけだと果物と豆でアレルギー症状が減るとは限らないし、ファストフードが悪いと証明されたわけでもないんですけど、とりあえず食事によって症状が大きく変わる可能性はデカいので、注意しといたほうがいいんじゃないかと。

 

 

 

悪態をつくと体の痛みが減るぞ!という話

悪態で痛みが減る!」ってなおもしろい論文(R)が出ておりました。

 

 

こちらは92人の男女を対象にしたもので、まずはみんなに「氷のなかに手を突っ込んでガマンしてください」と指示。そのうえで、

 

  1. ガチの悪態をつきまくる(「ファック!」とか)
  2. チームが作った謎の悪態をつきまくる(「ツイズパイプ!」とか)

 

といった感じにわけて、痛みに耐えてもらったんだそうな。すると、

 

  • ガチの悪態をつきまった場合は、痛みが3分の1に減り、痛みへの耐性も3分の1ぐらい上がった!
  • チームが作った悪態を叫んでも痛みのレベルは変わらなかった

 

みたいな違いが見られたらしい。私もドアの角に足の指をぶつけて「クソッ!」とか叫んだことがありましたけど、あれは痛み止めとして正しかったってことですかね。昔から「身体の痛みとメンタルの痛みは同じように脳で処理されている」って話はありましたけど、この研究をみるとやっぱそうなんだろうなーって気がしますね。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item