Loading...

体重が増えるほど脳の機能が低下していっちゃうらしいぞ

Weight

 

 

太ると頭が悪くなる? 

肥満は脳に悪い!」ってデータ(1)が興味深かったんでメモ。

 

 

これはアリゾナ大学の論文で、イギリスに住む21,500人の健康データ15年分を使ったもの。2〜4年ごとに全員のBMIと認知レベルを調べて、「太ると頭が悪くなるの?」って問題について調べたんですね。

 

 



BMIが増えると認知機能は下がる

そこで何がわかったかと言いますと、

 

  • BMIが4.34ポイント上がるごとに、認知機能が2.22カ月ほど低下
  • CRPの数値が約2ポイント上がるごとに、認知機能が1.85年ほど低下

 

みたいな感じ。体重の増加と脳のパフォーマンス低下には相関がみられたんだ、と。まぁBMIが4ポイント上昇ってのは相当太らなきゃ無理な数値ですけども。

 

 

炎症が脳の働きを低下させる

いっぽうで、CRPが2ポイント上がるだけで認知機能が1.85年分下がるってのは、ちょっと怖い結果ですな。2ポイントぐらいなら、普段の不摂生で簡単に上がっちゃいますからねぇ。

 

 

ちなみに、CRPはC反応性タンパクの略で、全身の炎症レベルを示すサインとして使われております。感染症なんかにかかると一気にはね上がる数値で、健康診断なんかでも調べるはず。

 

 

ダイエットは体にも脳にもいい

研究者いわく、

 

BMIが高くなるほど、炎症のレベルもあがる。これまでの研究でも、炎症(特に脳の炎症)は、脳の機能と認知にダメージを与えることがわかっていた。これらの数字は小さなものだが、加齢と同時にこの現象が起きるため、臨床的には十分に意味がある。

 

とのこと。これまでも「BMIが高いと脳の機能が落ちるよねー」ってデータはあったんですが、今回の研究は、

 

  1. 太る
  2. 脳が炎症を起こす
  3. 脳の機能が下がる!

 

ってメカニズムを示した点がポイントですね。やっぱり炎症は怖い

 

体重が増え始めると、次の4年間で体内のCRPが急上昇する。(中略)CRPが増えると、続く数年で認知機能の変化が起きる。BMIの変化により全身の炎症が起こり、認知機能の低下が予測できるのだ。体重を減らすのは、体にも脳にもいい。

 

 ってことなんで、脳の働きをシャープに保つためにも炎症対策は必須。体脂肪を低く抑えるのは当然として、総合的に炎症を鎮めるようにしといたほうがいいでしょうねー。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。