Loading...

天然色素「ルテイン」で脳の衰えが防げるかもしんないぞ

Rutein
 ルテインと認知機能には強い関係が
ルテインで脳の働きをキープ!」って論文(1)が面白かったんでメモ。ルテインはホウレン草とかに豊富な色素でして、一般的には「目の健康にいいよー」って売り文句でサプリが売られてますね。


が、イリノイ大学の研究者によれば、ルテインは目だけじゃなくて脳にも偏在してまして、細胞膜にとどまって神経の劣化を防いでくれるんだそうな。イントロから引用すると、

体内のルテインレベルは、ヒトの一生を通して認知機能のパフォーマンスと関係がある。特に「結晶性知能」を構成する記憶や一般的知能との結びつきが強い。

みたいな感じ。もともとルテインは抗酸化力が高い物質なんですが、こいつが脳の灰白質を守ってくれるらしい。うーん、知らなかった。


ルテインが多いと頭が良い
実験は65〜75才の男女122名を対象にしてまして、まずは全員が「結晶性知能」を計るテストを実行。そのうえで参加者に血液検査とMRIを行って、体内のルテインレベルと脳の働きをチェックしたんだそうな。


「結晶性知能」ってのは、知識や経験を活かして問題を解決する能力のこと。この機能が高い人ほど、年を取ってからも、人生経験を活かしていろんなトラブルに対処できるんですね。


で、どんな結果が出たかというと、

  • ルテインレベルが高い人ほど
    • 知能テストの成績がいい
    • 側頭皮質(結晶性知能をつかさどるエリア)がデカい

みたいな感じ。体内のルテインが多いほど頭がよく、実際に脳にも違いがあったんだ、と。もちろん、年齢や教育レベル、収入といった要素は調整されております。


とりあえず野菜と卵で補うべし
研究者いわく、

(ルテインが脳に良いのは)抗炎症作用によるものか、細胞間のシグナリングを助けているからだろう。

とのこと。こりゃあいい感じですねー。


とはいえ、ルテインはまだデータが少ない成分なんで、いまんとこサプリはまだオススメできず。とりあえず、

  • ホウレン草
  • ブロッコリー

といった食品を積極的に食べとけば、体内のルテインレベルは間に合うはず。1日に卵1〜2個でも血中のルテインレベルは十分に保たれるはずですんで、まずは食事から補うことを意識してくださいませ。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。