Loading...

全粒穀物はどこまでアンチエイジングに役立つのか?問題

Grain

 

「全粒穀物は体にいい!」って話が昔からあるわけです。普通のパンとかお米よりも、オートーミールや全粒粉パンのほうが何かと健康にはメリットが大きいって話ですね。

 

 

なかでもよく言われるのが、全粒穀物とインスリン抵抗性の関係。とにかくいろんな観察研究で「全粒穀物をとると糖尿病のリスクが減るよ!」って傾向が出てるんですな。言うまでもなく、インスリン抵抗性の悪化はアンチエイジングの大敵ですから、非常に気になるところなわけです。

 

 

もっとも、全粒穀物の論文は観察データが多いので、本当に全粒穀物が体にいいのかまではわからないのが難点。たんに健康に気を使ってる人ほど全粒穀物を食べているって可能性も大いにあるわけですね。

 

 

といったところで、ちゃんと実験室で全粒穀物の効果をチェックしてくれた論文(1)が出ておりました。

 

 

これはクリーブランドクリニックの研究で、二重盲検ランダム化比較クロスオーバー試験になっております。参加者は14人の中年男性で、BMI30以上の人を集めたというから結構な肥満体ですな。

 

 

実験デザインはこんな感じです。

 

  1. 全体を半分に分けて、ひとつのグループには1000kcalごとに50gの全粒粉食(オートミールとか)を、別のグループには精製穀物を8週間ほど食べてもらう(白米とか)
  2. 8〜10週間のウォッシュアウト期間を作り、いったん全員にいつもの食事をしてもらう
  3. 今度は、最初に精製穀物を食べたグループは全粒穀物を、全粒穀物を食べたグループは精製穀物を食べてもらう

 

といった風に全粒穀物と精製穀物のグループにわけて、どれぐらい玄米や全粒粉パンが体にいいかを調べたわけっすね。もちろん、総摂取カロリーやタンパク質の量はどちらも同じに設定されております。

 

 

その後、参加者にどんな変化が出たかを見たところ、

 

  • 全粒粉を食べても体重の変化には代わりがない
  • ただし、全粒穀物を食べると代謝柔軟性が向上していた!

 

って感じだったんですな。代謝柔軟性は人体のエネルギー源を「脂肪」と「糖質」の間で自由に切り替える能力のことで、詳しくは「パレオダイエットや糖質制限の成功を決める重大な要素「代謝柔軟性」とは?」をどーぞ。ダイエットにおいてはかなり重要なポイントでして、こいつが改善すれば糖尿病にもなりにくくなるんですよ。

 

 

つまり、全粒穀物は体重には関係がないものの、やはり糖尿病や心疾患リスクを下げてくれる可能性はかなり高そう。全粒穀物は食物繊維が多いのはもちろん、マグネシウムがインスリン抵抗性の改善に役立ってくれるみたいなんですな。

 

 

もちろん、だからと言って白米が悪いって話じゃないんですが、インスリン抵抗性が気になる方は「地中海式ダイエット」のガイドラインにしたがって全粒穀物の量を増やしてみるのも一興ではないかと思われます。どうぞよしナニー。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

42才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。「パレオダイエットの教科書」と「服用危険」って本が発売中です。