Loading...

アートは就職や結婚よりも人生を幸福にしてくれるかもだ!という観察研究のお話です

 

  

アートはメリットが多い!」みたいなデータはいくつかあって、

 

 

といった話がいくつか出てるわけです。アートが良い理由はよくわからんですが、人類が十数万年も続けてきた営為ですから、なにがしかの機能は果たしてきたと考えるのが自然でしょう。

 

 

ってことで新しい研究(R)は、「アートで幸福度が上がる!」って結論になってておもしろかったです。

 

 

これはシェフィールド大学などの調査で、複数の実験により「アートと幸福」の関係を調べてくれたんですよ。具体的な実験のデザインはこんな感じ。

 

 

1. 最初の3つの研究

544人の参加者(ほとんどが女子学生)を集めて、

 

  1. 前日にどのようなアートに触れたかを報告してもらう
  2. さまざまなタイプの幸福度(感情的な幸福、人生の意味の感覚、人生の満足度など)を測定するアンケートに答えてもらう
  3. ついでに、比較のために、前日にスポーツを見たり、参加したりしたかどうかも尋ねる
  4. すべてのデータを比べる

 

みたいな調査をしております。すると、やはりアートと幸福度には明確な相関がありまして、

 

  • いろんなタイプの芸術を鑑賞すると、人生の満足感や意味のレベルが上昇する傾向がある
  • ライブアートやビジュアルアート(絵画や写真など)は、最高レベルの感情的な幸福と、その他の幸福指標と相関していた
  • アートと幸福度の相関は、鑑賞の時間とは関係なく確認された(つまり、長時間鑑賞すればいいってもんでもない)
  • スポーツ観戦は幸福度との相関が見られなかった

 

といった結果だったらしい。個人的にもおもしろい現代アートとかを見ると1日ニヤニヤしてるんで、これは共感できる結果ですなぁ。

 

 

2. 2つ目の研究

こちらは50人の参加者を集めた調査で、

 

  1. スマホを使って1日2回ずつ10日間続けて、「いまアートやスポーツを見ているか?」「現在の幸福度はどうか?」を報告してもらう
  2. すべてのデータをくらべて、幸福度との相関を調べる

 

といった調査をしてみたところ、やはり結果は先の実験と同じ。スポーツ観戦には目立った相関が見られなかったのに対し、アートに触れた参加者はあらゆるパターンの幸福度が上昇してたとのこと。

 

 

ただし、ここではさらにアートの種類が区別されていて、

 

  • やはりライブアートは幸福度が高く、視覚芸術や文芸芸術も幸福度の上昇と相関していた
  • しかし、音楽を聴いたり、映画やドラマの鑑賞は幸福度との有意な相関がなかった
  • 全体的に見ると、アートによる独特の「高揚感」が幸福度アップにつながっている可能性が高い

 

といった結果も出てたりします。映画ファンとしては映画鑑賞と幸福度が相関しないのは謎ですが、独特の「高揚感」が大事ってのがポイントなのかもですねぇ。

 

 

3. 3つ目の研究

こちらでは、イギリスで行われた大規模な調査から得られた約28,000人分のデータを使ってまして、

 

  1. みんながどれぐらいアート系のイベントに参加したか(展覧会とかアートフェスとか)
  2. ダンスや写真撮影など、積極的に関わっていくタイプのアートイベントに参加したか
  3. スポーツへイベントにどれぐらい参加したか

 

などを調べたうえで、これらを幸福度のスコアと比べております。こちらも類例が少ない研究で良いですねー。

 

 

そこで、分析の結果がどうだったかと言いますと、

 

  • アートイベントへ参加する回数が多い参加者ほど、3年後の幸福度が高い傾向があった
  • もともと幸福度が高い人ほど、その後でアートへの参加度が高まる傾向もあった
  • 鑑賞型のアートイベントの方が、参加型のイベントよりも幸福度が上がった(これはちょっと不思議)

 

みたいになってます。このデータを素直に受け取れば、

 

  1. アートに行くと幸福度が高まる
  2. そのおかげでさらにアートに参加する
  3. もっと幸福度が上がる!

 

という正のスパイラルがあると考えられるわけっすね。ちなみに、ここでは年齢、性別、雇用、収入などの要因を考慮した分析をしてまして、

 

アートイベントへの出席頻度は、雇用、結婚、教育の効果と同等かそれ以上の正の相関を持ち、参加型アートの効果よりも強かった。

 

との結論を下してたりします。まぁこのデータからだと「なんでアートがそこまで幸福度をあげるの?」ってとこはよくわからないんですけど、個人的には「畏敬の念」とかそのへんが関わってるのかなーと予測しております。いずれにせよアート好きにはうれしい話っすな。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item