このブログを検索

今週末の小ネタ:オリーブオイルで長生き! オメガ3は睡眠改善! CBDで睡眠改善!


ひとつのエントリにするほどでもないけど、なんとなく興味深い論文を紹介するコーナーです。

   

 

 

オリーブオイルで長生きできるか?の割と良いデータの話

みんな大好きオリーブオイルについて、「本当に長生きに効くのか?」を調べたメタ分析(R)が出ておりました。ご存じのとおり、オリーブオイルは地中海食のメイン油でして、一価不飽和脂肪が豊富なうえに、抗酸化物質や抗菌物質もふくんでいるので、心臓や血管の病気の予防に役立つと言われてきたんですね。

 


では、その実力はどれほどのものかと言うことで、この研究では、2003年から2022年の間に発表された13の前向きコホート研究をピックアップして、「オリーブオイルを良く使う人ほど全死亡リスクが下がるか?」をチェックしております。追跡期間は4~28年で、ほとんどの研究では、みんなに「普段からどんな食事をしてますか?」を尋ねたとのこと。いずれも観察研究ではありますが、全体の質は悪くなくて、信頼できる結論を出してくれてるんじゃないかと。

 

 

その結果がどうなったか、ざっくり見てみるとこんな感じになります。

 

  • 261,016人のデータで効果を調べたところ、オリーブオイルの摂取量が最も少ない人たちと比べて、摂取量が最も多い人たちは心臓と血管の病気になるリスクが15%低かった。

 

  • 全死亡リスクに関する分析では、死亡者数173,817人のデータを分析したところ。オリーブオイルの摂取量が最も少ない人たちと比べて、摂取量が最も多い人たちは、全死亡のリスクが17%低かった。

 

ということで、世評どおり「やはりオリーブオイルはすばらしい!」」という結論ですね。どちらの結論においても、研究が行われた国、調査の期間、性別、オリーブオイルの種類などは、結果に影響を及ぼさなかったそうな。なんでもいいから、とにかくオリーブオイルを使っておけばOKってことですな。

 

 

ちなみに、この研究では、1日あたりのオリーブオイル摂取量が5g増加するごとに、心疾患および全死亡のリスクが4%低下したとのこと。この効果は、1日20gまで確認されたそうで、これは今後のオリーブオイル消費の目安になりそうですね。

 

 

 

 

オメガ3は睡眠の質を向上させるか?

お次は、「オメガ3のサプリで睡眠効率が改善するぞ!」というデータ(R)です。

 

 

そもそもの話をすると、「魚の油が睡眠に良いかも?」って説は昔からありまして、ドコサヘキサエン酸(DHA)とエイコサペンタエン酸(EPA)は、脳の健康に重要な役割を果たしているため、魚からDHAやEPAをたくさん摂取している人ほど、睡眠の質が向上するとされてきたんですよ。

 

 

そこで、今回の研究では、「健康な高齢者の睡眠はオメガ3で改善するのか?」を調べてくれてまして、66名の成人(平均53歳)を集め、12週間の無作為化比較試験を実施。1日あたり576mgのDHA+284mgのEPAを飲むグループか、またはコーン油を飲むグループにわけて、睡眠の質や効率にどれぐらいの違いが出るかをチェックしたんだそうな。

 

 

で、結論はこんな感じでーす。

 

  • DHAとEPAを飲んだグループは、プラセボグループに比べて「夢をよく見る」と報告した。しかし、主観的睡眠の質に関する他のどの指標にも差はなかった。介入が終わったときの気分の改善にも、グループの差はなかった。

 

  • 試験が終わった時の睡眠効率は、プラセボグループ(93.7%)よりも、DHA/EPAグループ(96%)のほうが高かった。

 

  • 平均の覚醒率も、プラセボグループに比べ、DHA/EPAグループのほうが低くなった。

 

要するに、「そこまで劇的に睡眠が改善したわけじゃないものの、睡眠効率(実際の睡眠時間/総睡眠時間)は変わるかもよー」ってことでして、悪くない結果ではないでしょうか。

 

 

まー、ご存じの方も多いかもですが、このブログではオメガ3サプリは推奨してませんので、できるだけ脂がのった魚から摂取するのがおすすめです。

 

 

 

CBDで睡眠は改善するか?の系統的レビュー

CBDってのは大麻からハイになる成分を除いたもので、リラックスに役立つサプリとして販売されてきたアイテム。ちょっと前までは「効きそうだけどよくわからんなー」みたいな印象が強かった成分ですが、近年はそれなりに良いデータも出てきまして、「悪くないのでは?」って機運が高まっております。

 

 

で、新しいデータ(R)は、「CBDでどれぐらい睡眠が改善するか?」をチェックしてくれていて、CBDを使うかどうか迷っている方の参考になりそうであります。

 


この研究は、合計34件の研究をまとめた系統的レビューで、そのうち16件はRCT、2件は非対照試験、7件は横断研究、5件はコホート研究、3件は症例研究、1件は症例報告って感じになってます。ほとんどの研究は、がん、多発性硬化症、慢性疼痛など、特定の健康状態にある被験者を対象にしていて、不眠症の患者を特に対象とした研究は2件のみでした。

 


また、CBDの投与量は1日あたり2.5~330mgの範囲で、最も多いのは経口または舌下投与だったとのこと。研究のなかには、CBDとTHC(大麻のハイになる成分)を同時に使ったものもふくまれております。

 

 

さて、分析の結果、結論は以下のようになりました。

 

  • CBDのみの効果を調べた研究では、睡眠の改善が報告された。

 

  • CBDとTHCを使った研究でも、睡眠の改善が報告された。

 

ってことで、CBD単体でも睡眠を改善する効果が得られそうな雰囲気が漂ってますね。もちろん、ここで評価された研究の多くは、健康状態が良くない参加者を対象としているので、「特に病気じゃないけど眠れない……」みたいな人でもCBDの効果を得られるのかどうかは謎であります。

 

 

まー、今回の研究を見ると、個人的には「やっぱ試す価値はありそうよねー」とは思いましたが、上記の問題により、まだ結論が出たというにはほど遠いレベルなので、そこはご注意あれ。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

search