Loading...

パレオダイエット批判本「私たちは今でも進化しているのか?」を読んだぞ

Shinka

 

「私たちは今でも進化しているのか?」を読了。タイトルだけ見ると進化論の解説書のようですが、原題は「Paleofantasy」でして、実はパレオダイエットを批判する本なんですねー。

  



 

 

パレオダイエットの前提はおかしい?

原著の出版は2013年で、「邦訳が出るのかな〜?」とか思ってたんですけども、日本では糖質制限ダイエット批判の書として売りだされた模様。オビの「炭水化物は人類を滅ぼさない」ってキャッチが、とてもいい感じです(笑)

 

 

まずは本書のパレオダイエット批判をまとめますと、

 

  1. 人間の進化は旧石器時代で止まっていない。どころか、この1万年でもかなり進化しているので、パレオダイエットの前提はおかしい。
  2. 人類は旧石器時代の環境にも完璧に適応していたわけではない。進化は場当たりに起こるので、旧石器時代の人類が理想の状態だったわけではない。
  3. 旧石器時代の食事やライフスタイルは様々で、唯一の決まった「パレオダイエット」が存在するわけではない。

 

といった感じになっております。パレオダイエットの前提はおかしいんじゃない?って話ですね。

 

 

「いまさら言われましても…」

で、著者の見解はいずれもごもっともかと思いますが、一方では「いまさら言われましても…」といった印象でもあります。

 

 

というのも、「人間の進化は旧石器時代で止まっていない!」ってのは、2009年に「一万年の進化爆発」(http://amzn.to/2ubXL0O)が出たあたりからパレオダイエットの世界でもさんざん議論されてきたんですよね。

 

 

たとえば、本書では最近の進化の例として「乳糖を消化できる能力の発達」をあげるわけですが、実際のところ現代で乳製品に耐性を持つのは全人口の30%ぐらいなわけで(1)、逆に「まだ進化が追いついてない」ことの例にも使えるんじゃないか、と。

 

 

そりゃあ人間の進化が止まってないのは間違いないですが、だからといって「現代の暮らしには遺伝とのミスマッチがある」って話を否定することはできないんじゃないか、と。

 

 

石器時代が理想の暮らしとは思ってませんが… 

他にも、アミラーゼ(でんぷんの消化酵素)の発達や、農業が生まれたあとに人類の健康状態は良くなったって話をベースに「だからパレオダイエットはダメ!」って展開に向かうわけですが、これもどうなんでしょ?

 

 

著者が引用するゲージの論文(2)は、あくまで「感染症が減ったから人類の寿命が伸びた」「交易で栄養状態がよくなった」って主張がメインですし、穀物への依存度が大きい狩猟採集民ほど栄養失調の割合が高いってデータ(3)もありますしねぇ。

 

 

また、「唯一の決まった『パレオダイエット』が存在するわけではない」って指摘についても同様で、狩猟採集民の食生活がバリエーションに富んでいるのは有名な話でして、やはり「いまさら言われましても…」という感じ。

 

 

もちろん、わたしも別に石器時代が理想の暮らしだったとは思ってませんが、だからといって、

 

 

といった現代の生活が良いって話にはならないし、狩猟採集民には肥満・糖尿病・心疾患がほとんど見られないのも間違いないですし(というか、狩猟採集民に現代病がない点には著者も同意している)。

 

 

まとめ

と、いろいろ言ってきましたが、全体的な中身としては、人類の進化にまつわるオモシロ知識が満載の良い本です。数世代で進化したコオロギの話とか、4,000年ぐらいで高地に適応したチベット人の話とか、とても勉強になりました。極端な糖質制限ダイエットへの正確なカウンターにもなってますし、その点で、読んで損のない一冊かと。

 

 

ただ、なにせ今のパレオダイエットは「原始時代こそ最高!」とも「人類の進化は狩猟採集時代で止まっている!」とも「炭水化物は人類を滅ぼす!」とも主張してないんで、本書の批判の多くが空回りに終わってる感じは否めないところ。著者がパレオダイエット批判を始めたのは2008年ぐらいのことで、そのころであれば、まだ有効だったのかもしれませんが。

 

 

あと余談ですが、巻末の解説に「糖質制限ダイエットの源流はパレオダイエット」と書いてあってビックリ。時代的にはアトキンスダイエットとかのほうが先ですんで、そこんとこヨロシク。

 

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。