Loading...

がんを防ぐライフスタイルの「最低ライン」が割り出された件

Cancer

 

 

 がん予防に効くライフスタイルとは?

なんで人はがんになるの?」って問題については全く結論が出てない状態なんですが、とりあえず「運動したほうがいいんじゃない?」とか「タバコはヤバいでしょう」といったあたりが正しいのは間違いないところです。

 

 

それでは、具体的に「がんを防ぐためにやるべき最低ラインはどのへんなの?」って話ですが、そのへんを調べた論文が出ておりました(1)。

 

 

これはハーバード大の研究で、「がん予防に効くライフスタイルは?」って問題について調べたもの。以下の2種類のデータセットを使って、発がん率とライフスタイルの関係を調べたんですな。

 

  • 1976年から看護婦の健康状態を調べたリサーチ
  • 1986年から男性医師を中心に調べたデータ

 

総サンプル数は136,000人で、年齢は30〜75才まで。かなりの人数を長期にわたって調べた内容になっております。

 



 

がんにならないライフスタイル」の四天王

その結果、「がんにならないライフスタイル」の四天王は、

 

  1. タバコは吸わない、または禁煙から5年以上が経過 
  2. 酒は飲まない、または女性は1日1杯、男性は1日2杯まで
  3. BMIは最低で18.5以上、最高で27.5以下の間をキープする
  4. 週にキツめの運動を最低75分、またはゆるめの運動を最低150分 

 

って感じだったそうな。この4つで全体の発がん原因のおよそ3分の1を占めてまして、あとは遺伝とか食事がからんでいる模様。

 

 

ちなみに「ゆるめの運動」は、普通にウォーキングしてれば達成できるレベル。全体的に、どの条件もそんなにハードルは高くないですね。当ブログを読んでいるような方であれば、恐らくはラクにクリアできているのではないかと。

 

 

四天王をクリアするだけで発がん率は激しく下がる 

しかし、お手軽なわりにその効果は絶大。上の4つのポイントをクリアすると、以下の確率で発がん率が下がっていきます

 

  • 肺がん:女性は82%、男性は78%
  • 大腸がん:女性は29%、男性は20%
  • すい臓がん:女性は30%、男性は29%
  • 膀胱がん:女性は36%、男性は44%
  • 喉頭がん:女性は75%、男性は57%
  • 腎臓がん:女性は36%、男性は4%
  • 肝臓がん:女性は27%、男性は32%
  • 食道がん:女性は62%、男性は66%

 

うーん、すばらしい。ちょっとライフスタイルを変えただけで、発がん率はかなり下がるわけですね。これはかなりの費用対効果じゃないかと。

 

 

もちろん、この手の研究には限界があるのが常でして、

 

  • 対象者が白人だけしかいない
  • もともと健康意識が高い人にしか調査してない(つまり、もっと調査対象を広げたら、もうちょい基準が厳しくなる可能性はある)

 

といったあたりで数字に差が出てる可能性は大であります。

 

 

とはいえ、「とりあえず、これぐらいやっとけば発がん率はガッツリ下がるよ!」という大まかなラインがわかっただけでもありがたいなーと思われます。それでは、どうぞよしなに。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。