Loading...

都心から一番近い離島「初島アイランドリゾート」がパレオリトリートに最適だった件

9

 

初島アイランドリゾート」に3日間ほど行ってきました。都心から一番近い離島に作られたキャンプヴィラであります。

 

 

以前に「旧石器時代に近い暮らしをしてみたら4日で健康になった」ってデータを見てから、パレオダイエット型のリトリートをしてみたいなーとずっと思ってたんですが、ガチのキャンプ場だと奥さんが嫌がるんで、いま流行りのグランピングスポットを選んでみた次第です。

 

1

 

初島には熱海港から専用の船で向かいます。所要時間は25分ぐらい。



 

15

 

初島は一周4キロぐらいの小さな島であります。17時に閉店するスーパーが1つあるぐらいでコンビニはゼロ。いったん島に入ると、加工食品を手に入れる手段はほとんどございません。

 

17

 

アイランドリゾートは初島の港から徒歩8分の位置。大きなテントが並んでおります。

19

 

テントの周囲は深い森になってまして、最高のロケーションであります。「自然のなかで食べる動く眠る!」というパレオダイエットの基本を実践するには最適でしょう。

 

4

 

テントの外観はこんな感じ。ウッドデッキがオサレですな。

 

5

 

内部は8畳ほどのスペースで、冷蔵庫と湯沸し器が置いてありました。冷暖房も完備。

 

6

 

ウッドデッキにはハンモックがどーん。

 

21

 

さっそく寝てみましたが、ハンモックに慣れてないので両足が緊張しております。


10

 

テント村から徒歩8分のエリアには、SARUTOBIというアスレチック施設もあったりします。1人1,400円で、全コースのクリアまで1時間ぐらい。

 

18

 

地上6メートルの位置に作られたコースを、専用のハーネスを着けて渡っていくアトラクションになっております。これまた楽しゅうございました。


8

 

夕食はシーフードのバーベキュー。食材はスタッフさんがテントまで配達してくれます。味つけは塩だけのシンプルさですが、これまた美味いんですなぁ。 

 

13

 

食事をしてると島の猫がおこぼれをもらいにやってきたりします。かわいい。 

 

16

 

 さらに露天風呂がまた最強。海をのぞむ絶好のロケーションでして、波の音のせいで激しくマインドフルな状態に。

 

20

 

いちおうテントは22時に消灯なんですが、その前に自然と眠気が襲ってきまして、21時半にはバッタリ。翌日は6時ぐらいに自然の光で目が覚めるという理想の睡眠パターンでありました。こういう状況だと、やっぱ睡眠って自然に最適化されるのね…。

 

 

というわけで、初島はパレオリトリートに最適のスポットでした。グランピングスポットとしても、定番の「星のや」や「伊勢志摩エバーグレイズ」より格段に安いですし、大変お値打ちでよろしいのではないでしょうか。

 

 

ちなみに、今回は仕事の関係でやむなくスマホとPCを持ち込みましたが、いずれは完全に電子機器を排除して1週間ぐらいの徹底的なリトリートをしてみたいところです。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。