Loading...

タバコは遺伝子に一生モノの傷を残す

Smoking 699

 

タバコは遺伝子レベルでダメージをあたえる 

こないだ「受動喫煙でも確実に肺がんリスクは高まるぞ!」っていう科学のお墨付きがでまして、あらためて煙から身を遠ざける決意を固めた昨今であります。

 

 

タバコが体に悪い理由はいろいろあるんですけど、大きな原因のひとつが「遺伝子のダメージ」。タバコがDNAに異常を起こして、癌を抑制してくれる遺伝子の働きをジャマしたりするんですな。その結果、タバコを吸う人は発癌リスクが激増するという。

 

 

で、こんど出た論文(1)は、タバコの遺伝子ダメージはいつまで続くのか?ってあたりを調べてくれていておもしろいです。俗に「禁煙してもタバコの害は10年は続く!」などと言いますが、実際のところはどうなんだって話ですね。

 



 

30年が過ぎてもタバコの遺伝子ダメージはもどらない

これは、過去に行われた16件の遺伝子研究をまとめたメタ分析で、サンプル数は約16,000人。かなーり信頼のおける内容になっております。

 

 

データでは全員の血液サンプルを調べてまして、喫煙者のDNAと禁煙した人のDNAをくらべたんですね。それで何がわかったかと言うと、

 

  • タバコを吸うと7,000以上の遺伝子に異常が起きる。そのうち3分の1の遺伝子は、まだどんな働きをしているのかがわかっていない。
  • タバコを止めた場合、だいたい5年以内に大半の異常は元のレベルまでもどる
  • ただし、一部の異常は30年が過ぎてももどらない
  • 多くの異常は、心疾患と癌に関わる遺伝子に起きていた

 

みたいな感じ。禁煙すれば5年で遺伝子のダメージはかなり良くなるものの、一生モノの傷も残ってしまうんだ、と。

 

 

遺伝子に取り返しがつかない傷

研究者いわく、

 

さまざまなタイプの癌、骨の病気、肺の疾患、心疾患、消化器系の異常など、タバコが引き起こす害は数知れない。それを考えれば、タバコが遺伝子にダメージをあたえるのも当然だろう。

 

タバコは、あなたの遺伝子に広範囲で深いダメージをあたえる。その大半は禁煙すれば元にもどるが、なかには生涯にわたって残る傷もある。タバコを吸うと、遺伝子に取り返しがつかない傷を残すのだ。

 

とのこと。わたしの場合は、幼少期から父親が吸うタバコの副流煙を浴びまくってきたので、それなりのダメージは残ってるんでしょうなぁ。このへんは悩んでも仕方ないので、異常を起こしたDNAと共存してくしかない感じ。

 

 

いずれにせよ、大半の異常が5年でリカバリーできるってのは良いニュースなんで、禁煙するならできるだけ早いほうがいいですよーって結論でしょうね。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。