Loading...

「ジェイソン・ボーン」のためにマット・デイモンが実践したトレーニングがえげつない

Climb1

 

映画「ジェイソン・ボーン」が公開になりましたが、相変わらずマット・デイモンの体づくりがいい感じです。

 

Matt Damon's 'Jason Bourne' Workout: Here's the Actor's Insane Routine to Get in Shape

Source: YouTube

45才でこの体。 バッキバキですねー。

 

 



 

筋トレの負荷は意外と普通 

マット・デイモンの体づくりを担当したのは、ジェイソン・ウォルシュって有名トレーナーさん(1)。「ジェイソン・ボーン」のためにどんなトレーニングをしたかを公開していて、これがいろいろ勉強になります。

 

 

確かに、計120kgの負荷でブルガリアンスクワットとか凄いんだけど、ハリウッド超大作用のトレーニングとしては、そこまでハードなことはしてない印象。

 

 

まぁ、マット・デイモンは、3年前に公開された「エリジウム」でもバキバキの肉体を披露してたんで、これぐらいでも十分に体がデカくなるんだと思います。いわゆる「マッスルメモリー」が効いてる状態でして、とにかく今回は体脂肪を落とす作業を優先したんでしょう。

 

 

考えただけでも吐きそうなレベルの有酸素運動

いっぽうで有酸素運動はかなりハードでして、まずは朝起きて軽い食事をしたら、山の中を10キロのランニング。ちょっと休憩したら、続いてメタボリックスプリントをしたみたい。

  

 

メタボリックスプリントは、バーピーやスクワットをしてから50メートル全力ダッシュをくり返す方法のこと。実際にやってみるとわかりますが、2セットやっただけでも軽く死ねます。くわしいセット数なんかは公開されてないんですけど、とりあえずこれを1日中やってたみたい。

 

 

最新マシンでさらにカロリーを削る

その後もトレーニングは続きまして、昼過ぎからはベルサクライマーに移動。耳慣れないエクササイズですが、こんな感じのマシンなんだそうな(左がマット・デイモン)。

 

 

ウォルシュさんいわく「30分で1,400メートル分の崖をのぼるのと同じ運動量をこなした」んだそうな。なんだかピンと来ない数字ですが、こんなトレーニングを30分もやるのは考えただけでも吐きそうな気が…。

 

 

ちなみに、 ベルサクライマーに関しては、ワシントン州立大がまじめにリサーチを進めててて、いまんとこ「ランニング系のインターバルトレーニングよりもエクササイズ効率がいい!」って結論が出てるそうな(1)。見るからにハードな全身運動なんで、確かに効果は高そうな気がしますな。

 

 

最終的には食事も水分も減らす

さらに追加のポイントとしては、

 

  • 1日の食事は2,000kcalまで
  • 撮影中は水分を極端に減らす

 

みたいな感じ。水分を減らすのは筋肉の筋を目立たせるためで、フィットネスモデルが撮影直前によく使うテクですね。うーん大変。

 

 

というわけで、ざっくりマット・デイモンのトレーニングを見てみましたが、完全に素人がマネすると健康に害が出るレベル。ストレスホルモンの量がハンパじゃないはずなんで、激しく老化が進みそうであります。

 

 

ただし、メタボリックスプリントとベルサクライマーはいかにも効率が良さそうで、個人的にも試してみたい感じではあります。どこかベルサクライマーができるとこないかしら。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

  1. ベルサクライマーとはVERSA CLIMBER (バーサクライマー/ヴァーサクライマー)のことかな?
    私の通うジムにもあるけど、大人気で順番待ちしないと使えませんね。
    自宅にも欲しいですが2百万円位するそうですしねぇ・・・

    返信削除
    返信
    1. MaxiClimberって廉価版なら2万円ぐらいで買えるみたいですよー。でも怖いですね(笑)

      削除
  2. ハリウッド俳優はステロイドを使って短期間に体を作るそうだからあまり参考にはならんかな・・・

    返信削除

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS