Loading...

自分の脳が衰えてないかを1秒で判断できるひとつの質問とは?

Antiaging

 

アンチエイジングはイメージにも左右される!ってのは有名な話であります。たとえば、

 

 

なんてデータがありまして、要するに自分で「老けたな……」と思えば実際に老けるし、「若い」と思えれば実際に体も若返るわけですな。ここらへんは多くの研究で確立されてて、ほぼ間違いないところ。

 

 

でもって新しいデータ(1)では、「主観的な若さは脳も若くする!」って話になってていい感じでした。

 

 

これはソウル大学校の研究で、59〜84歳の男女68人を対象にしております。研究者いわく、

 

世の中には、実際の年齢よりも「自分は若い」と感じられる人と、「自分は老けている」と感じてしまう人にわかれる。これはなぜだろうか?

 

その原因としては、うつ状態、健康状態、パーソナリティの違いなどが考えられるが、いまだに主観的な年齢の問題を調べたケースはない。

 

とのこと。「俺はまだ若い!」と自分に言い聞かせてる人じゃなくて、あくまでナチュラルに「実年齢よりも若い気がする……」と思える人は何が違うのか?って話です。

 

 

どんな実験をしたかと言いますと、

 

  1. 全員の脳をMRIでスキャンして灰白質の厚みをチェック(脳のボリュームを調べたわけですな)
  2. 自分の健康やメンタルについて「どれだけ若いと感じられますか?」を尋ねる
  3. ついでに脳機能テストもやってみる

 

って感じです。すると結果は、以下のようになりました。

 

  • 実年齢より「若い」と感じられている人は……
    • 記憶力テストの成績がいい!
    • うつ病にもかかりにくい!
    • 何よりも脳が分厚い!

 

どうやら、主観的に若い人は脳が厚いおかげで脳機能も働いてるし、そのせいでメンタルも健康みたい。なんだかウハウハですね。

 

 

研究者いわく、

 

「自分は若い」と感じられる人は、実際に若い人に近い脳の特徴を持っていた。この傾向は、パーソナリティー、健康状態、メンタルの状態などを調整しても確認された。

 

ってことで、どうも主観的な若さと脳機能は結びついてるっぽい。

 

 

もちろん、この研究だと因果関係はよくわからないわけですが、

 

  • 普段から健康的なライフスタイルを送ってるから若く感じるし、実際に脳も若くなる
  • 「自分は若い!」と感じるから健康的なライフスタイルになり、実際に脳も若くなる

 

ってどちらの経路もありそう。

 

実際の年齢よりも老けていると感じられるなら、自分のライフスタイル、趣味、活動を考え直してみるサインかもしれない。

 

 

とのことですんで、「自分は実年齢より若いと思えるか?」って質問は、脳機能を測る自己テストとしても使えそうですねー。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

ABOUT

自分の写真

42才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。「最高の体調」と「パレオダイエットの教科書」って本が発売中です。