Loading...

喘息、鼻水、花粉症。アレルギー症状を激しく悪化させる原因はやはり「あれ」だった!というメタ分析

Allergic

 

ファストフードが体に悪いのは自明で、近ごろは「ハンバーガーのことを考えるだけでも自制心が下がる!」みたいなデータもあるわけです。恐ろしいですなぁ。

 

 

でもって、新しい研究(1)では、「ファストフードでアレルギーが激しく悪化!」って結論になっていて、「さもありなん!」みたいな気分になりました。

 

 

これは四川大学の研究で、過去のファストフード研究から16件を抜き出してまとめたメタ分析であります。そのうち13件は横断研究で、残る3つはケースコントロール研究。なので、メタ分析としてはやや信頼性が低めなんですけど、それなりに信頼できるのではないかと。

 

 

研究者の問題意識はこんな感じです。

 

ファストフードはカロリー密度が高い食品の代表だ。精製糖質、塩分、砂糖、コレステロール、添加物を多くふくみ、飽和脂肪酸の量も多い。そのため、ファストフードを食べると、喘息やアレルギーの症状が悪化すると考えられる。

 

ってことで、これだけ体に悪いんだから、当然ながらアレルギーにも良くないのではないか、と。そりゃそうでしょうな。

 

 

さらに、この研究でいうファストフードの定義は、

 

栄養価が低く、すばやく用意される大量生産の食品。一般的には、準備の時間が短い食品は、すべてファストフードとみなされる。とくにあらかじめ加熱した食材を使い、パッケージされた状態でレストランや食品店で提供される。

 

みたいになってます。なので、マクドナルドなどの商品だけでなく、多くの加工食品にも当てはまりそうっすな。

 

 

では、分析の結果を箇条書きでまとめていくと、

 

  • ファストフードまたは加工食品を週に3回以上食べると、週1ぐらいの人に比べてアレルギー症状が激増する!
  • 悪化する症状は、喘息、呼吸困難、花粉症、肌の湿疹、鼻炎など

 

だったそうな。思えば、わたしも加工食品の量を減らして2週間ぐらいから肌のかゆみが消えて、一気に鼻づまりも減りましたからねぇ。この結論にはかなり納得であります。

 

 

ちなみに、その他に見つかった傾向としては、

 

  • ファストフードについては、食べれば食べるほどアレルギー症状は悪化する(つまり用量依存的)
  • 参加者の収入などをコントロールしても、ファストフードの害は確認された(つまり経済力は関係がない)

 

なんてのも出ております。まぁ横断研究がメインなのが少し弱点ですけど、とりあえずアレルギー体質の人がファストフードや加工食品を控えるだけの理由にはなりましょう。

 

 

わたしの個人的な体験としては、やはり加工食品の削減と食物繊維の増量が、ハウスダストアレルギーの軽減には最も効いた気がしております。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

ABOUT

自分の写真

42才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。「最高の体調」と「パレオダイエットの教科書」って本が発売中です。