Loading...

シナモンが血圧のコントロールに効くかもだぞ!というメタ分析のお話

 

シナモンといえばお菓子づくりなどに使われるスパイスですが、同時に「健康効果もあるよねー」とよく言われてたりします。たとえば、

 

 

みたいな報告がいくつか出てまして、個人的にもターメリックサフランと並んで「かなり見どころがあるスパイスだよなー」とか思ってたりします(なので、スタバに行くとシナモンパウダーを無闇に使ったりする)。

 

 

で、新しいデータ(R)もシナモンの効能についてガッツリ調べてくれてまして、非常にいい感じでした。

 

 

これは「シナモンは血圧に効くのか?」を調べたメタ分析でして、先行研究から9件を抜き出した内容にあんっております。参加者は全部で641人で、年齢は44歳から62歳まで。そのうち半分は2型糖尿病の患者さんがふくまれてる感じ。糖尿病はどうしても血圧が以上になっちゃいますからねぇ。

 

 

そこでどんな結論だったかと言いますと、

 

  • シナモンは最高血圧を約6mmHgほど低下させる(ただし、その結果はかなりバラツキが大きくI2=98.3%だった)

 

  • 最低血圧については約4mmHg低下する傾向が見られた(ただし、こちらも結果のバラツキが大きく、I2=96%だった)

 

だったそうな。かなりデータごとの数値がバラバラなんで断言は無理なんだけど、とりあえずシナモンは血圧のコントロールにもそれなりの効果がありそうではあります。

 

 

さらにサブグループ分析では、「どれぐらいシナモンを使えばいいの?」って問題も調べてくれてまして、

 

  • シナモンは低用量(2g以下)で使うと血圧に良い影響がある
  • ただし、高用量のシナモン(2g以上)を使っても効果がない
  • 実験期間で見てみると、12週間以上のテストは、12週間未満のテストよりも最高血圧に対する影響が大きかった(-4mmHg vs -8mmHg)
  • 年齢について見ると、50歳未満の人は最高血圧が大きく改善(約10mmHgの減少)していたが、50歳以上の場合は統計的に有意な影響はみられなかった
  • ベースラインの血圧で見てみると、シナモンは最高血圧が135mmHgの人への効果が大きかった。最低血圧は85mmHg以下の場合に効果が見られた

 

みたいになってます。なので、血圧改善にシナモンを使う場合は、1日2g以下を最低でも12週間ほど続けてみればいいわけっすね。

 

 

まぁこの研究にはいろいろと限界もありまして、

 

  • 不均一性がやたら高いので、ヘタをすれば全く効果が出ない人がいてもおかしくない
  • テストに使われているシナモンの種類が一貫してないんで、そこも結果に影響してる感じがする
  • 個々のテストで用量を直に比べたものはなかったため、用量反応効果があるかどうかを見分けるのが難しい

 

ところは注意しておきたいところです。どうにも個人差が大きいので、必ずシナモンが効くとは言えないのが辛いところです。

 

 

ともあれ、いままでに出た他のデータを見ても、シナモンが代謝の改善に効きそうな雰囲気はプンプンただよってますので、気になる方はお試しいただいでも良いのではないかと思う次第です。

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item